読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

アニメの女性キャラは胸が大きすぎる

アニメ アニメ-キャラ

300ピース 峰 不二子 (26x38cm)

アニメについてざっくり語っていく〈アニメ論〉のコーナーは、結構テーマ選びが難しいですね(汗) 

というわけで、今回は「女性キャラクターの胸の大きさについて」です。

アニメに登場する女性キャラ

アニメにはたくさんの女性キャラが登場しますが、(もはやほぼ女性キャラクターで占められる『けいおん!』のような作品もある)アニメの女性キャラといえばそのほとんどが巨乳!!!
特に週刊少年ジャンプ原作のアニメは、『ONEPIECE』を始めとしてナイスバディなキャラが非常に多い印象がありますね。

アニメでは巨乳がデフォルト状態

「大は小を兼ねる」なんて言いますが、これは至極もっともな論理だと思います。ですから、少なくとも胸が大きいというのも悪いことではありません。しかし、アニメキャラの現状で言えばこれは全く別の話だと思うのです。
そもそも<小>や<中>があってはじめて<大>が生まれるわけですから、どう考えても今のアニメキャラは比率がおかしい気がします。
特に根拠はありませんが、私の実感値を割合で表すとしたら
小:中:大=3:1:6
ぐらいでは?
むしろ貧乳だったり普通だったりすると逆に目立つという何とも不自然な状況になっており、大きいということに対してもはや何のありがたみも感じられません。

最近観たアニメでさすがにひどいなと思ったもの

特に最近観たものでひどいなと思った乳アニメがあります。
それが『マケン姫っ!』と『閃乱カグラ』という作品。
私はあまり作画の好みなどもありませんし、ラブコメからバトルものまで比較的何でも観れるタイプだと思っているのですが、この二本は観ていて気持ち悪くなってしまいましたね。
私も思春期の頃は、ひたすら巨乳に憧れを抱いていたぐらいなので嫌いなはずはないのですが、この二作を観たことが少しトラウマになっていて、他の作品を観ていて貧乳キャラが出てくる度に安心感を覚えることすらあります(笑)
皆さんはどう思いますか?

© 2014-2016 君とアニメと人生と