読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

私が羽生選手に感じる違和感

世の中 世の中-時事

今朝は羽生選手の話題で盛り上がっていますねー。

http://livedoor.blogimg.jp/girls002/imgs/7/7/774cfa15.jpg

引用元:http://osakaking.net/hanyuu-enkan-4976

「棄権するべきだったか否か」は、はっきり言って自己判断・自己責任の問題なので、外野がとやかく言う問題ではないと思うのですが、私は今回の騒動を知ってより羽生選手からより一層の「違和感」を感じてしまいました。

この「違和感」の正体は一体何なのでしょうか?

とにかく羽生選手がすごすぎる

最近の羽生選手からは”凄み”を感じますよね。演技前に集中する表情や演技中のアドレナリン全開のしぐさなど、常人には見えません。ただ、その凄みがもはや私の実感できる範囲を遥かに超越していて、目の前に起こっていることが何かフィクションのように感じてしまうのです。今回の騒動も、どこかフィクションっぽいというか、当然フィクションではないんでしょうけど、実感が伴わないというか、私は一歩引いて見てしまいます。

一応弁明しておきますと、決して羽生選手が嫌いとかそういうわけではありません。純粋に羽生選手の演技は毎回「すごいなーーー」と思って観ています。

高橋選手との違い

私はフィギュアスケートファンの母の影響で、TVで大会をやっている際は割と欠かさず観るのですが、フィギュアスケーターの中でも特に高橋大輔さんのファンでした。(引退悲しいです……)

こう言うと逆に高橋選手に失礼なのかもしれませんが、高橋さんからはフィクションっぽさがまるで感じられないんです。等身大というか、リアルというか、なぜか高橋選手の演技には気持ちが引き込まれるんですよね。

先ほどは羽生選手の演技に対して、「すごいなーーー」と言いましたが、
高橋選手の場合は「おおーーー!!!」とそこに凄み+感情が乗る
そんな感覚があります。

© 2014-2016 君とアニメと人生と