読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

変化なき日常を生きているとは言わない―ルルーシュ・ランペルージ

人生 人生-名言

世界を恐怖によって支配し、そこに平和を固定させようとしたシュナイゼルに対してルルーシュが放った名台詞。

ルルーシュにとってこの言葉の裏には、不老不死の力を持つ少女C.C.(シーツー)の存在があったのでしょう。

f:id:nishimori_yu:20150304220726p:plain

変化なき日常を生きているとは言わない。それはただの経験だ

―ルルーシュ・ランペルージ『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』

変化なき日常などあり得ない

変化なき日常。確かにそんなものがあるとすれば、人は確かな幸せを感じることができるかもしれません。いつも通りのことをいつも通りにやって毎日を過ごしていく。何か新しいことに挑戦して苦悩するよりも、今あるものだけを抱き込んで生きていく。こうやって生きていきたいと思う人がいることも事実でしょう。

しかし生きている以上、「変化のない日常」など決して有り得ません。人は確実に年を取っていき、社会は変化していき、技術は進歩し、大切な人との時間は刻一刻と短くなっていきます。今自分の腕の中にあるものは、いつか確実に自分の腕の中から消えていくのです。

生きることは即ち、変化すること

「生きること」とは、すなわち「変化すること」。人が変化することをやめたとき、それは生きることをやめたのと同じことになります。生きるということは、今自分の腕の中にあるものを必死に守ることではなく、新しい何かを得ようとすることなのです。

ただ変化亡き日常を生き、経験のみを溜め込んでいったところで、そこに対した意味はありません。いくら経験を溜め込んでも、それを活かすことができなければ経験がないのと同じことだからです。そしてその経験を活かすためには、自分の意識や行動の変化が必要。

このことを肝に銘じ、変化ある日常を生きていきたいものですね。

 

©SUNRISE/PROJECT GEASS

© 2014-2016 君とアニメと人生と