読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

地方公務員・鈴木くんの働き方

仕事 仕事-働き方

1991年生まれの私と同世代の友人に、現在の働き方について聞いてみようというインタビュー企画「91世代の働き方」の第2回です。

記念すべき2回目(1回目は自問自答だったので実質1回目)は、私の高校時代からの友人である鈴木くん(仮名)。おっとりとした「ザ・草食系男子」といった印象の青年で、私がいつも仲良くさせてもらっている友人の一人です。

鈴木くんは現在とある地方自治体の職員として活躍しています。一般的に安定志向の高い方が多いという印象の地方公務員ですが、実際にはどんなことを考えて日々の業務をこなしているのでしょうか?

プロフィール

仮名:鈴木健(23)地方公務員

地元の高校を卒業後、東京都の中堅私立大学に入学。大学在学中での就職活動に失敗し、卒業しての就職浪人の末、現在の職に就く。

私・西森とは高校の同級生という間柄。2年間同じクラスで過ごし、お昼もよく一緒に食べていました。

インタビュー内容

①具体的に今どんな仕事をしていますか?

とある市区町村自治体で窓口業務をしています。具体的には、住民票や戸籍の発行、住民異動届の受付などで、市区町村自治体の仕事の中でも、一般の人に馴染みのある仕事だと思います。

②今の仕事は楽しいですか?(雰囲気ではなく仕事自体)

結論から言えば、楽しいわけでもつまらないわけでもないですかね。仕事自体ということで、正直、自信を持って「楽しい!」と言えない自分がいます。
どんな仕事もそうだと思いますが、楽しいこともあるし、嫌なこともあるという言い方のほうが近いです。

窓口には、様々な方がいらっしゃいます。
丁寧な接客をしてくれて、ありがとう! と感謝されることもあります。その時はとても嬉しいです。

反対に、業務の手続き上、窓口の対応が遅くなってしまったり、お客様にとって、
失礼な対応になってしまったり、見えてしまったりで、怒られることもしばしばです。
そんな時はやはり、落ち込みますし、嫌な気分にもなります。

感謝されることと怒られてしまうこと、数で言えば、感謝されることの方が多いです。
ですが、一つ嫌なことがあると、楽しいことや嬉しいことがあっても、今日一日が嫌な日に感じてしまいます。(僕の場合は)

嬉しいこととそうでないことがある今の仕事、総合的に見て、どちらとも言えないのが、今の正直な現状だと思います。

③仕事に行きたくない瞬間はありますか?

朝が苦手で、すごく眠いとき以外は特にないです。

④仕事先の人間関係で何か悩みはありますか?

こちらも特にないです。

⑤これまでですごく嫌だった仕事はありますか?

すごく嫌な仕事というわけではないのですが、断るときにはすごく気を遣います。
例えば、夫の印鑑登録を妻が代理で申請に来ることがよくあるのですが、それは委任状がないと受け付けられません。
夫婦なので、委任状が必要ないと思って、来られる方もいらっしゃるので、委任状が必要なことに納得されない方もいらっしゃいます。
法律や条例に従って、手続きをしているので、個人の事情を考慮しての対応はなかなか難しく、受付出来るものと出来ないものが自ずと決まっています。
なので、どんな事情があろうとも、断らなければならないものは断らなければならないので、そこでの対応が大変ですね。

⑥10年後も同じ所で働きたいと思いますか?

長く働く前提で入ったので、今のところは働きたいと考えています。

⑦仕事とプライベートははっきり区別していますか?

仕事とプライベートは区別出来てると思います。

⑧休みの日に仕事のことを考えることはどのくらいありますか?

窓口業務はその日その日で処理をする仕事が大部分です。
なので、休みの日に仕事のことを考えることはあまりないですね。
ただ、ふと窓口であった嫌なことや、まずい対応になってしまったことは思い出します。

⑨もし明日世界が終ることを自分だけが知っているとして、明日普通に仕事に行きますか?

正直、どうするのか自分でもよくわからないですね。
今の現状だと、最後の日にやりたいことが思い浮かばないので。
朝起きた流れで、そのまま仕事に行きそうな感じがします。

⑩仕事に関して、何か夢や目標にしていることはありますか?

今の目標は一人前になることです。まだまだわからないことも多いので。
自分で自信を持って、一人前になった!と言えるまでになりたいと思います。

インタビューを終えて

鈴木くんは非常に心優しい人なので、窓口業務でも丁寧に対応しているところが目に浮かびます。ただ、鈴木くんは少々声が小さめなので、窓口に来られた方にしっかり声が届いているかだけは不安でしたね(笑)

冗談はさておき、このインタビューを通して改めて鈴木くんは公務員にピッタリの性格だなぁと感じました。私の印象では、鈴木くんは割と毎日のルーティンを大事にするタイプで、毎週好きな番組を欠かさずしっかり観ているような感じ。

また、正義感も強く人の道に外れたことは絶対にしないですし、仕事とプライベートの区別もはっきりできるので、安心して公務を任せられます。朝寝坊しないかどうかだけはちょっと心配ですが(笑)

© 2014-2016 君とアニメと人生と