読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

号泣必至?『プラスティック・メモリーズ』1話放送後の評価・評判は?

アニメ アニメ-レビュー

オリジナルアニメ『プラスティック・メモリーズ』の第1話が放映された。

「ギフティア」と呼ばれるアンドロイドが人々の実生活に浸透した世界。ここでは、人とギフティアが互いに支えあいながら暮らしていた。しかし、ギフティアには悲しき定めがある。彼らの寿命は、全て約9年間と決まっているのであった。主人公の少年・水柿ツカサは、その「ギフティア」を製造・管理している「SAI社」に新入社員として入社するが、配属されたのは、寿命を迎える寸前のギフティアを回収することが仕事の「ターミナルサービス課」という部署だった。

http://animeapps.net/blog/wp-content/uploads/2015/04/11afdd30-1024x578.jpg

引用元:http://animeapps.net/plastic-memories-1wa-2-361/

放送後の反応は?

『STEINS;GATE』を手がけたことで知られる林直孝氏が脚本を担当するだけあって、放送前からの期待も高かった。さて、実際の反応は?

このように、すこぶる好評価を得ている模様。今期を代表する作品の1つになりそうな予感大だ。

1話から涙腺崩壊?

http://livedoor.blogimg.jp/nizigami1-0000/imgs/1/4/14f3b4f5.jpg

引用元:http://gikotena.net/top/cin/744728

1話にして面を食らったのは、容赦無い泣かせシーン。まだ1話ということもあり、こんな状況を予期していなかった方も多かったことだろう。

まだ視聴していないという方は、箱ティッシュを脇においての視聴をおすすめしたい。

最終回までもつのか…?

http://livedoor.blogimg.jp/nijimen/imgs/3/b/3b6ee70a-s.jpg

引用元:http://nijimen.net/archives/43499273.html

第1話でこれほどの感動を呼んでいるということで、早くも最終回の心配をしている方が多かった。

確かに、このまま全ての回でこんなエピソードを持って来られたら、涙腺が最後までもつかどうかが心配だ。だが重苦しいばかりではなく、コミカルでほんわかするようなシーンも見られた。

感動と笑いの比率が今後どのように変化していくのか?気になる物語の結末は?

とにかく最後まで見守っていきたい。

公式サイト

www.plastic-memories.jp

© 2014-2016 君とアニメと人生と