読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

何となく始めたサブブログがたった半月でメインブログを抜き去った件

ブログ ブログ-運営

そのまんまのタイトルにしましたが、実際にこんなことが起こってしまいました。このブログを書き始めたのが去年の11月。問題のサブブログは今月4月の1日から始めたばかりのサイトです。

今回は、サブブログがこのブログのどこを具体的に何を抜き去ったのかをご説明し、そこから得た経験を基にブログ運営における気付きを皆さんに共有できればと思います。熟練ブロガーさんには当たり前のことかもしれませんが、どうかお付き合いください。

※サブブログはその後閉鎖し、記事をこちらの本ブログに移行しました。

オーガニック検索トラフィックが雲泥の差に…

ということで、半年近くかけて地道に更新を続けてきたこちらのブログを絶った半年で抜き去ったサブブログの話をしていきます。

一言で言ってしまえば、「検索流入数」です。こちらがこのブログの「オーガニック検索トラフィック」。

下の画像を見ていただくと、総セッション数が1763と出ています。正直このブログはあまり時事的なことを扱わないばかりか、検索されやすいようなテーマの記事も多くありません。そういった方針が如実に現れていると言えるでしょう。

また、これまでの半年近くで136記事書き、キーワード数は503。

これに対して、この前作ったばかりのサブブログは21日までの結果で以下のようになっています。総セッションは既に3141。メインブログの1763を遥かに上回っています。

キーワード数は、31記事書いて既に530。あの半年は何だったのだろう…と思うレベルです。

こりゃ差も出るわけですね。

気付き①:時事ネタはやはり検索されやすい

既に多くのブロガーさんが仰っていますが、実際に体験してみるとその差は歴然です。サブブログの方はジャンルを「アニメ」に絞って、時事ネタを配信しています。

時事ネタの特徴は、書いた瞬間から検索でサイトに来てもらえるという点。書いた瞬間に反応があるというのは、やはり大きなモチベーションになります。紙媒体の記事とは違って、ネット上の記事は誰かに読んでもらわなくてはゴミ同然ですからね。

気付き②:ネタは絞った方が書きやすい

このブログは、どちらかといえば私が思いついたことを好き勝手に書いている雑記系のブログです。これはこれでとても利点も多いのですが、書きたいことがなくなってくるとネタに困ります。かといって、ブログの方向性とあまりに異なる記事を書くのもどうかと思いますし、意外と大変なことも多いです。

しかし、ジャンルをきっちり絞ったり、時事ネタなら時事ネタと決めてしまえば、記事を書くのはすごく楽になります。もちろんテーマの選び方にもよりますが、ネタを絞った方が情報収集しやすくなるのも確かです。

気付き③:メディアは結局「企画」で決まる

結局のところ、メディアというのは最初の「企画」次第だと思います。途中で急激に面白くなるということもない代わりに、面白ければ記事数に関わらず見てもらえます。もしアクセスが伸びずにお悩みの方いるとすれば、思い切って全く新しいメディア(ブログ)を作ってみると良いと思いますよ。

ただし、新しいブログの方が結果を出すと嬉しい反面、これまでのブログに掛けてきた時間を思うと結構複雑な気持ちになるので注意してください(笑)

© 2014-2016 君とアニメと人生と