読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

吹奏楽部が抱える闇『響け!ユーフォニアム』3話放送後の評価・評判は?

アニメ アニメ-レビュー

『響け!ユーフォニアム』第3話「はじめてアンサンブル」が放送された。

合奏に向けて本格的に始動する北宇治吹奏楽部。しかし、パート練習の態度は決して真面目とは言えず、課題曲の「海援隊」も真剣に練習しようとしない。そんな吹奏楽部に対し、滝先生が突きつけた条件とは…?

http://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/2/7/27feb266.jpg

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/44387589.html

放送後の反応は?

吹奏楽部のリアルすぎる人間関係が垣間見えた第3話。物語自体も、最初の大きな山場を迎えたという印象があった。共通点も多い作品ながら、『けいおん!』には決してなかった「部活」ならではの重たさ・難しさ・生々しさを表現している。

緑ちゃんが吹奏楽部の地雷を踏む

http://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/5/2/520d6feb.jpg

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/44387589.html

あの…この部って、2年生が少ないですよね?

低音パートの練習時、遂に緑ちゃんが吹奏楽部の地雷を踏んでしまった。明らかに見えていた地雷だが、案の定、低音パートが凍り付いた。

PICKUP:滝 昇

http://livedoor.4.blogimg.jp/otanews/imgs/6/6/6617f62e.jpg

引用元:http://otanews.livedoor.biz/archives/52020079.html

今年から北宇治高校に赴任してきた音楽教師。吹奏楽部の顧問を務める。34歳。学生時代はトロンボーンを担当していた。柔らかい口調で手厳しいことを言う。特に、第3話でのこのセリフが吹奏楽部員のみならず、視聴者までも恐れを抱いた。

この演奏では指導以前の問題です。

私の時間を無駄にしないでいただきたい。

予告映像

公式サイト

anime-eupho.com

関連商品

© 2014-2016 君とアニメと人生と