読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

これぞ体育会系文化部!『響け!ユーフォニアム』4話放送後の評価・評判は?

アニメ アニメ-レビュー

『響け!ユーフォニアム』第4話「うたうよソルフェージュ」が放送された。

本格的に始まった滝先生の指導。サンライズフェスティバル(サンフェス)への出場を賭けて、猛特訓の日々が始まった。バラバラになっていた部員たちの心も、滝先生への対抗心でまとまり始める。果たして滝先生からサンフェス出場権を勝ち取ることはできるのか…?

http://livedoor.blogimg.jp/otanews/imgs/4/3/43e43f5a.jpg

引用元:http://otanews.livedoor.biz/archives/52020665.html

放送後の反応は?

「3話切り」という言葉をよく聞くアニメ業界だが、『響け!ユーフォニアム』に限って言えば、どうか4話までは必ず観てほしい。

これほどまでに、部活内の人間関係をここまで細かく、かつリアルに描き切った作品があっただろうか?吹部経験者はもちろんだろうが、たとえ運動部経験者であっても大きな既視感を抱くはずである。

吹奏楽部の裏事情

http://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/e/b/ebcf9614.jpg

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/44499891.html

吹奏楽部における最高意思決定機関である「パートリーダー会議」。それぞれ呼び方は微妙に異なるようだが、吹奏楽部経験者にとっては懐かしすぎる光景だったよう。『響け!ユーフォニアム』は、良くも悪くもこういった吹奏楽部の裏事情が楽しめるのが大きな特徴だといえる。

下手な運動部よりよっぽど体育会系

http://livedoor.blogimg.jp/otanews/imgs/0/b/0b33ca1a.jpg

引用元:http://otanews.livedoor.biz/archives/52020665.html

元吹奏楽部の方が口を揃えて言うのが、「文化系の部活だからって楽だと思うなよ?」という悲哀にも満ちた言葉。『響け!ユーフォニアム』を観た瞬間、確かにこういった考えは一瞬で吹き飛んでしまう。

PICKUP:中川 夏紀

http://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/9/b/9b7909b2.jpg

引用元:http://anicobin.ldblog.jp/archives/44499891.html

久美子と同じユーフォニアム担当の2年生。練習中によくイヤホンをしながら外を眺めたり寝たりしている。ポニーテールがトレードマーク。久美子たち1年生の加入と滝先生の指導により、徐々に意識が変わってきている模様。ちなみに、去年大半が辞めてしまったという今の2年生には、色々と事情があるようだ。

予告映像

公式サイト

anime-eupho.com

関連商品

© 2014-2016 君とアニメと人生と