読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

拳と拳で語り合う!王道爽快バトルファンタジー『スクライド』

アニメ アニメ-おすすめ

スクライド 全9巻セット [マーケットプレイス DVDセット]

今回ご紹介するのは、2001年7月から同年12月にかけて放映されたTVアニメ『スクライド』。2011年11月と2012年3月には前後編の映画が制作されており、放送から15年余り経った今も尚、根強い人気を誇っている。

ネット上での評価・評判は?

あらすじ

「アルター能力」と呼ばれる特殊な能力を持った者たちと、それを持たざる者たちとが対立する世界。アルター能力とは、物質を原子レベルまで分解し、自らの能力に適した形へと再構成できるという能力。人類の更なる進化の可能性を秘めた力であると同時に、人々の畏怖の対象でもあった。
本作は、生まれながらにしてそんな力を授かってしまったために、闘うことでしか前に進むことのできなかった漢たちの物語。

文字通り“拳で語り合う”漢たち

http://blog-imgs-32.fc2.com/d/a/n/danran18/scr12.jpg

引用元:http://bro2ch.com/av-2nt-pf/-/wcomic/1406089794/310-

『スクライド』は、共にアルター能力者であるカズマと劉鳳(りゅうほう)という二人の男の闘いを中心に描いている。
願いは同じはずなのに、決して相容れることのない2人の漢。そこには善も悪も関係なく、ただ己の信じた道を貫くために目の前の敵を倒す。そんな、不器用ながらも真っ直ぐな闘いは、まさに“拳で語り合う”という言葉が相応しいだろう。

漢たちが残したアツい名台詞

http://blog-imgs-36.fc2.com/s/h/o/shortcoming/kazuma.png

引用元:http://shortcoming.blog11.fc2.com/blog-entry-113.html

なんといっても『スクライド』の見所は、登場人物たちが繰り広げる熱い人間ドラマと、そこから生まれた数々の名台詞。ここでは、特に私の印象に残っている台詞をご紹介する。

死ぬのが怖いわけじゃない。何もせずに死ぬのが怖い。
なんの証も立てないまま朽ち果てるのは……それだけは…死んでもゴメンだ!!
―カズマ

強い人だ!惚れがいがある!残りの命を懸けるに値するほど!!

―ストレイト・クーガー

意地があんだろ!男の子にはぁ!!

―君島邦彦

きっとこの他にも、あなたの心に突き刺さる名台詞があるはず。これから『スクライド』を視聴する方は、是非登場人物たちの熱い台詞に注目していただきたい!!

とにかくカッコイイ!

http://livedoor.blogimg.jp/militan/imgs/c/4/c460ac04.jpg

引用元:http://blog.livedoor.jp/militan/archives/50123646.html

『スクライド』という作品がここまで根強い人気を誇る理由。それはやはり、この作品に登場する人物たちが、異常なほどにカッコイイからだろう。

彼らは、一度自分の決めた道をひたすら突き進む。もちろんこれは、口で言うほど容易なことではない。しかし、この作品を見ているときっとあなたのハートに火が灯る。胸がアツくなる。
彼らが私たちに見せてくれるもの、それはまさに“漢の生き様”だ。

 

カッコイイOPはこちら

© 2014-2016 君とアニメと人生と