読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

ブログの方向性って難しい

ブログ ブログ-運営

最近このブログの更新がおろそかになりがちな西森です(メインブログなのにもかかわらず)。というのも、これにはちょっと複雑な事情がありまして、、、今回はその悩みについてまとめていきたいと思います。

ブログに何を書くか

自分の好きなことを自由に書けるのがブログの良い所なんですが、だからといって色んなことを書いてしまうと読者としては興味のない情報まで入って来てしまうわけです。それでは、その線引きをどこにするのか?これが意外と難しいんですよねぇ…。

テーマを絞らなさすぎるとかえって書きづらい

私の場合、現在はてなブログ上に2つのブログを有しています。

nishimori-yu.hatenablog.com

 

※現在はこちらのブログに統合しました

もちろんそれぞれに違った趣旨があるのですが、よりテーマが広いブログがこのメインブログです。テーマが広い分書きやすいと思いきや、最近ほとんど更新ができていません。反対に、ジャンルをアニメに絞っているサブブログの方は、ほとんどネタに困ることもなくほぼ毎日更新ができている状態です。

客観的な視点と主観的な視点

本来ブログというのは、主観的な視点で記事を書くものだと私は思います。ですが、意外と主観だけで記事を書くのは難しい。よっぽど興味関心があることでなければ、主観だけで記事を書くと200文字にも満たないことがあります。このくらいだったらTwitterというミニブログに投稿すれば良いわけです。

つまり、ブログとして書く以上ある程度のボリュームが必要。そして、このボリュームを出すためには、主観的な視点よりも客観的な視点の方が簡単なんです。例えば、どこかから他人の意見を引用してきたり、確固たる事実を紹介する。これだけでも、キュレーションとして十分記事になると思います。

まとめ

つらつらとブログ運営の悩みを書いてきましたが、結局あまり上手くまとまりませんでした(笑)でも、逆に主観で書くブログなんてこんなもんで良いのかもしれません。ただ思ったことを書き記すのが本来のブログの形だったはず。たとえ上手くまとまらなくても、臆せずに書いてみるという姿勢が、意外とブレイクスルーにつながるのかもしれませんね。

© 2014-2016 君とアニメと人生と