読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

何でもいいからとりあえず書いてみる

ブログ ブログ-日記

最近このブログの更新が滞りがちだ。その理由は、私自身がこれからどんな風に生きていくかで悩んでいることに起因する。私は少々完璧主義的な所があるので、人生に悩み始めると基本的に何も手につかない。記事を書くのは結構頭を使うので、こういった状態のときは記事もほとんど書けない。何か新しいことを始めようと動いてもいるが、それもどうも前に進めようという気持ちが起こらない。

今の自分の気持ちを素直に表現してみる

こういうときは、私の大好きなアニメを観たり、プロ野球を観るぐらいしか手につかない。厳密にはこれを「手についている」とは言わないのかもしれないが。

そんなわけで、この記事は表題の通り、今の自分の気持ちを素直に表現してみようという趣旨の記事である。タメになる記事を読みたいという方はもちろん読む必要はない。とりあえず、「西森はなんとか生きていますよ」というメッセージだと思って頂ければ結構である。

最近考えていること

この世は腐るほどの人間で溢れかえっている。私は現在渋谷のオフィスに週2日勤務しているのだが、都会の喧騒の中ではより一層このことを実感させる。人それぞれが自分に見えている部分のことだけを考えて、それぞれの人生を生きている。この人たちはなんで生きているんだろう?

色んな事がどうでもよく感じる

世の中には無限ともいえるほどの情報が溢れている。「芸能人の○○が○○と付き合ってる」とか、「株式会社○○が業績不振だ」などといった情報は、はっきり言って私にはどうでもいい。そして、とにかく世界にはどうでもいい情報が多すぎる。確かに色んな事を知った方がいいのかもしれないが、知らないで何もしないのと、知っているのに何もしないのとでは、大した違いはあるのだろうか?

「自分事」だと思えることを探す

興味を感じられないというのは、ある種仕方ないことのように思う。それがその人の人格であり、価値観なのだろう。そしてもっと踏み込んで言えば、人生というのは「他人事」ではなく、「自分事」だと思えることを探すことなのかもしれない。「これはどうでもよくない」と心から感じられるもの。興味と関心と熱意を向けられるもの。それを見つけたい。自分らしく生きるとは、まさにこういうことなのだろうか?

© 2014-2016 君とアニメと人生と