読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

なんとも不気味な“妖精さん”ファンタジー『人類は衰退しました』

アニメ アニメ-おすすめ

http://blog-imgs-56.fc2.com/v/n/r/vnr2034/20120706003838684.jpg

今回ご紹介するのは、人類が衰退した後の世界を描いた作品『人類は衰退しました』(2012年7月より放送)。何ともストレートなタイトルだ(笑)
さて、この作品において非常に重要な存在として登場するのが、いわゆる“妖精さん”である。これまでも妖精が登場するお話というのは数多く語られてきた。しかし、『人類は衰退しました』に登場する“妖精さん”は皆さんが抱いている可愛らしい「妖精像」とは少々異なる。

ネット上での評価

妖精のイメージといえば?

皆さんが抱いている「妖精」のイメージとはどのようなものだろうか?

一般的なイメージといえば、体は人間の手のひらほどのサイズで、羽が生えていて、人間の言葉を理解することができ、同時に話すこともできる場合が多い。といったものだろう。有名なキャラクターでいえば、ピーターパンに登場するティンカーベルも妖精のひとり。要するに、一般的な妖精のイメージでは、無邪気で屈託のない誰からも愛されるキャラクターを想像するのではないだろうか?
※下の画像は、『ソードアート・オンライン』のユイ

http://blog-imgs-52.fc2.com/n/e/w/newsneta39/1351956141719.jpg

引用元:http://newsneta39.blog.fc2.com/blog-entry-2524.html?sp

不気味な雰囲気を漂わせる“妖精さん”

http://livedoor.blogimg.jp/guraroido/imgs/0/9/0905ade0.jpg

引用元:http://blog.livedoor.jp/guraroido/archives/cat_60298359.html

しかし、『人類は衰退しました』に登場する“妖精さん”はどこか不気味な雰囲気を漂わせている。それもそのはず。この作品内での“妖精さん”たちは、我々人類に代わる「新たな人類」として地球に君臨しているのだ。

一般的な「妖精」のイメージのうちの一部は継承しつつ、その高い知性は人類をはるかに凌ぐ“妖精さん”たち。生態系や行動原理など、多くのことが謎に包まれている彼らは、一歩間違えれば星1つをまるごと消し去ってしまうほどの危うさを持っている。しかし、そんな危険性をはらんでいるにもかかわらず、どこか不思議な愛らしさを感じさせ、「たまにはこんな妖精もありかな?」と思えてきてしまう。

人類が衰退したらどうなる…?

http://file.blog.crosschannel.jp/snapshot20120827044556.jpg

引用元:http://blog.crosschannel.jp/Entry/3325/

『人類は衰退しました』は、そんな“妖精さん”たちと主人公の少女“わたし”の物語。とはいえ、ただのほのぼのとした作品ではない。非常にさらっと言ってしまったが、この作品の舞台は、我々人類が衰退を始めて数世紀が経過した世界。ゆるーい雰囲気ながらも示唆に富んだ内容で、普通の物語では一切考えもしないような異世界が広がっている。

どこかクセになるOP

このOPはちょっとクセになる(笑)妖精さんたちの可愛らしいダンスにもご注目!

公式サイト

『人類は衰退しました』公式サイト | マーベラスAQL

関連商品
ガガガ文庫 人類は衰退しました1(イラスト完全版)

ガガガ文庫 人類は衰退しました1(イラスト完全版)

 
人類は衰退しました 新装版 文庫 1-8巻セット (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 新装版 文庫 1-8巻セット (ガガガ文庫)

 
TVアニメ 人類は衰退しました オリジナルサウンドトラック

TVアニメ 人類は衰退しました オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 大谷幸,nano.RIPE,白井真弓,伊藤真澄,きみコ,Walter Scott,畑亜貴,Adam Storck,TVサントラ
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
 

© 2014-2016 君とアニメと人生と