読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

近未来SFと警察が織り成す圧倒的な世界観『PSYCHO-PASS サイコパス』

アニメ アニメ-おすすめ

http://livedoor.blogimg.jp/onecall_dazeee/imgs/c/d/cdda48ae.jpg

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、近未来(西暦2112年)の日本を舞台にしたSFアクション警察ドラマ。「シビュラシステム」という最先端テクノロジーが導入された世界を描いている。

本作は、織田裕二主演の大人気ドラマ『踊る大捜査線』の監督として知られる本広克行氏が監督を務めたことでも話題となった。

圧倒的な世界観

https://7kqbxw.bay.livefilestore.com/y1p4anHjhw4at3Uh_OoQ8NQDX59jxtmj6dmgeD9giJpQsC_A23h2BVMyZfXlnBBOn9FfLaCi0HSyb7VEjByclNZezjwjsKOWALf/psycho12-20.png?psid=1

「シビュラシステム」は、人間の心理状態や遺伝子情報などを科学的に分析することができ、その人に適した職業や行動指針を提示する。そして、これによって数値化されるパラメータ(サイコパスと呼ばれる)の一つが「犯罪係数」である。このシステムの導入により、従来のように犯罪を犯した者を裁くだけでなく、今後犯罪を犯す可能性の高い「潜在犯」という概念が生まれた。
この物語は、そのシステムを利用し治安維持活動を行う「公安局刑事課一係」が舞台となっている。

実写では描き切れない「刑事モノ」としての魅力

http://blog-imgs-44.fc2.com/n/a/n/nanohana0103/20121012-01.jpg

本作は、警察ものという観点から見ても非常に完成度が高い。これは、「シビュラシステム」のような設定部分以外のプロセスがとてもリアルに描かれているからだ。犯罪者との鬼気迫る頭脳戦は、警察もの好きでなくとも引き込まれるものがある。

科学の進歩に潜む闇

https://tg1mdq.bay.livefilestore.com/y1psFdkxKTWVKhW7tLP_oL3Q80ImYffFdMZDf-f_n1Bee8RZxX9Cqy6OMqKxYlaS-H-b8Hob08HMFf8jzE5iYB-T6iYtgF5MtVl/psycho13-45.png?psid=1

本作の世界観は、我々の生きる現代よりも更に科学が進歩した世界。様々なことが数値化・合理化され、機械が人間の運命を決めてしまうことさえある。そんな異様な世界を見事に描いた本作は、社会派ドラマとしても優秀な作品である。

© 2014-2016 君とアニメと人生と