読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

自分で書きたいお題がないなら誰かに書いてもらうお題を考えたらどうだろうか?

ブログ ブログ-お題

f:id:nishimori_yu:20141126173650j:plain

記事のテーマを考えるのって、結構大変ですよね。私も真面目にブログを初めて1年ほど経ちますが、初めのころは自分から書きたい記事のテーマが浮かんできて、「早く書きたい……!」なんて思ったものですが、最近はそういうこともあまりありません。

そこで今回は、自分で書く記事ではなく、誰かに書いてもらう記事のテーマ【お題】を考えるシステムを提案してみたいと思います。

はてなブログのお題って…

はてなブロガーの皆さんなら既にご存知とは思いますが、はてなブログには「今週のお題」と「旬のトピック」というコーナーがあります。それぞれ、自分がブログを書くときのネタにはなるんですが、私個人の感想としては、

「書きたいと思えるお題がほとんどない!!!」

んです。とりあえず書いてはみても、結局あんまり読んでもらえなかったりもしますし。とにかく、「記事を書きたい」と思う気持ちってすごく大事な気がします。

自分以外の誰かに書いてもらう記事のテーマ【お題】を考える

そこで個人的に面白そうだなーと思ったのが、自分が書く記事ではなく、自分以外の誰かに書いてほしいテーマ【お題】を考えるという方法。自分自身、お題記事を考えるのも楽しそうだし、そのお題を面白そうだと考えた人はそのお題で記事を書けばいい。

ブログって一人で書いていてもあまり面白くないので、そういう繋がりがあってもいいんじゃないかな…?

お題のルールを決める

お題の作り方はまあ人それぞれな気もしますが、ある程度ルールを絞った方が面白い気がします。大喜利みたいなイメージで。それに加えて、なぜこのお題を考え付いたのか、といったこともまとめておくとよいかもしれません。

お題は私の方で今度書いてみるつもりなので、それを参考にしていただければ良いかと思います。

参加する場合はお題記事を言及する

ここがポイントなんですが、面白そうなお題を見つけて実際に記事を書く際、そのお題記事を記事上部で言及する(URLのリンクを貼る)ことで、お題記事を書いた側は、誰が自分のお題に参加してくれたのかひと目でわかるわけです。

これをやらないと、ただの企画パクリですからね…(^▽^;)

お題記事に参加記事をまとめる

お題記事を書いた側は、参加してくれた記事をお題記事の下部にまとめます。そうすれば、このお題に参加してくれた記事が全てリンクされることになり、同じテーマの記事を一気に読み比べできます。面白いお題を作った側にもメリットがあるし、あまり閲覧数の多くないブログの方も、そこから訪問してもらえる。と思うのですが、、、

まとめ

以上、簡単ですが、こんな企画を考えてみました。私個人的には面白そうだと思うのですが、参加してくれる方がいないとまったく話になりませんよね、、、

とりあえず私もお題を考えてみるので、皆さんも「自分以外の誰かに書いてもらいたいテーマ」を考えてみてはいかがでしょうか!?

私が考えたお題記事一覧

お題「今期アニメ【2015秋アニメ】でこれだけは絶対に見とけ!と思う作品は?」

お題「今期アニメ【2015秋アニメ】で最も印象に残っている回は?」

お題「ブログをやっていて感じたメリット・デメリットは?」

nishimori-yu.hatenablog.com

お題「あなたの密かな自慢は何ですか?」

お題「今期【2016春】アニメの中でこれだけは絶対に見とけ!と思う作品は?」

nishimori-yu.hatenablog.com

© 2014-2016 君とアニメと人生と