読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

普段アニメを観ない方におすすめの大人向けアニメ5選

アニメ アニメ-おすすめ

「アニメなんてどれも同じでしょ?」と思っているあなた!…それ、勘違いですよ!!アニメには、普段あまりアニメを観ない大人の方が観ても十分楽しめる作品も数多く存在します。

今回は主に、細部にこだわったリアルな世界観と、アニメらし過ぎないキャラクターデザイン(登場人物の顔や髪型など)のものを個人的に5本まとめてみました。

攻殻機動隊

攻殻機動隊 S.A.C. 1st GIG コンプリートBOX[DVD] [Import]

あらすじ

西暦2030年…あらゆるネットが眼根を巡らせ、光や電子となった意思をある一方向に向かわせたとしても「孤人」が複合体としての「個」になるほどには情報化されていない時代…。

情報ネットワーク化が加速度的に進展し、犯罪が複雑化の一途を遂げる社会的混乱の中、事前に犯罪の芽を探し出し、これを除去する攻性の組織が設立された。内務省直属の独立部隊公安9課、通称「攻殻機動隊」である。
公安9課の役割は、深刻な電脳犯罪への対処、国内における要人の援護、政治家の汚職摘発、凶悪殺人の捜査から極秘裏の暗殺まで、多岐に渡っている。彼らは電脳戦を最も得意としつつ、高性能義体を生かした物理的な戦闘においても特筆すべき能力を発揮する、精鋭部隊である。

出典:攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX[スタンドアローン・コンプレックス](TVアニメ動画)【あにこれβ】

世界観

「電脳化」

脳にマイクロマシンなどを埋め込み、人間の脳とコンピュータネットワークを直接接続したバイオネットワーク技術。
脳そのものを機械に変えてしまうことも電脳化と呼び、制御ソフトを導入するタイプの高性能な義足・義手などはこの電脳化を施す必要がある模様。
無線通信、有線通信、情報の視覚化など現在のパソコンのようなことができるようになる。電脳化していない者が電脳通信を行う際には旧来のデスクトップPC、または携帯端末などの通信機器が必要になる模様。

出典:攻殻機動隊 - Wikipedia

ひとこと紹介

大人向けアニメとしてまずおすすめしたいのは、海外でも非常に高い評価を受けている『攻殻機動隊シリーズ』。電脳化された世界で巻き起こる様々な事件を公安9課のメンバーが解決していきます。

『攻殻機動隊』には、劇場版アニメ、TVアニメと既に多くの作品がありますが、私は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)』から視聴しました。

PSYCHO-PASS サイコパス

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

あらすじ 

人間の心理状態や性格的傾向を、即座に計測し数値化できるようになった世界。あらゆる感情、欲望、社会病質的心理傾向はすべて記録され、管理され、大衆は 「良き人生」 の指標として、その数値的な実現に躍起になっていた。人間の心の在り方、その個人の魂そのものを判定する基準として取り扱われるようになるこの計測値を人々は、
「サイコパス(Psycho-Pass)」の俗称で呼び慣わした。

出典:PSYCHO-PASS サイコパス(TVアニメ動画)【あにこれβ】

世界観 

「犯罪係数」(はんざいけいすう)

シビュラシステムによって数値化されたパラメータの1つで、犯罪者になる危険性を表した数値。上昇した犯罪係数は、セラピーによって下げることのできる数値に限界があるとされており、数値が一定の基準を超えて回復しない者は、犯罪を犯す以前に「潜在犯」と呼ばれる犯罪者として扱われ、社会から実質的に排除・隔離される。
犯罪係数の数値化においては過去のさまざまな犯罪者の思考パターンの蓄積データに基づいた解析が行われており、これをリアルタイムで解析・計測できる機器はシビュラシステムに直結したドミネーターだけである。

出典:PSYCHO-PASS - Wikipedia

ひとこと紹介

大人向けアニメの2つ目は『PSYCHO-PASS サイコパス』です。
人気ドラマ『踊る大捜査線』の監督として知られる本広克行が本作の総監督を務めたことも話題となりました。

STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

STEINS;GATE DVD BOX

あらすじ

舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎はサークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった……。

出典:STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート](TVアニメ動画)【あにこれβ】

世界観

「Dメール」(ディーメール)

電話レンジ(仮)を用いて過去に送ることができる電子メール(詳細は「ストーリー」を参照)。ダルが候補として挙げた「デロリアンメール」を紅莉栖が略して命名された(ゲーム開発者による命名理由は、EメールのEの前の文字であるD)。本作の物語における重要な鍵となるものだが、ごく限られた文字数しか送れない。Dメールを送信し、メールの受信者が過去においてメール本文を見た影響で行動が変化し、結果が改変された場合、改変後の現在では同内容のDメールは送信されなかったことになり、受信したメールがあるにも関わらず送信履歴は残らない。結果が変化しなかった場合は現在も改変されないため、送信履歴は残る。

出典:STEINS;GATEの用語一覧 - Wikipedia

ひとこと紹介

次におすすめしたい大人向けアニメは『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』。
本作は、5pb.の同名ゲームソフトが原作で、非常に奥深いSF設定と先の読めないストーリー展開が絶大な人気を呼びました。

プラネテス

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

あらすじ 

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。
毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。
主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

出典:プラネテス - ΠΛΑΝΗΤΕΣ(TVアニメ動画)【あにこれβ】

世界観

「スペースデブリ」(space debris)
長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

出典:プラネテス - Wikipedia

ひとこと紹介

大人向けアニメの4つ目は、『プラネテス』です。
宇宙に進出した人類が、スペースデブリという問題に直面した物語。仕事とは何か、愛とは何か、大人のあなたにこそ観てほしい作品です!

図書館戦争

図書館戦争 第一巻 [DVD]

あらすじ 

時は2019年、公序良俗を乱し人権侵害の表現を取り締まる「メディア良化法」が施行された現代。
強権的かつ超法規的な「メディア良化委員会」とその実行組織『良化特務機関』の言論弾圧に唯一対抗できる存在、それが図書館だった。かくして図書館は武装し、良化機関との永きに渡る抗争に突入することになる。図書館の自由を守るために。

出典:図書館戦争(TVアニメ動画)【あにこれβ】

世界観

「メディア良化法」

1988年に日本で制定された、青少年に悪影響を与える有害情報や人権を侵害したり公序良俗を乱す表現を取り締まるための法律。実質的検閲の合法化と言える。興味本位の過激なイエロー・ジャーナリズムによる報道被害が社会問題化していたという現実の昭和末期と同様の状況に加え、スキャンダルを追いかけることに血道を上げる余りマスメディアが持つ権力監視機能が機能していなかったことと、国民の政治への無関心が、本来なら成立するはずのないこの法律を成立させた背景にある。

出典:図書館戦争 - Wikipedia

ひとこと紹介 

最後に紹介するのが『図書館戦争』です。
本作は有川浩の同名小説が原作。榮倉奈々さんと岡田准一さんが主演を務め実写映画化されたことでも知られています。TVアニメ版は1クールなので、忙しい方でもあっさり観られます。

© 2014-2016 君とアニメと人生と