読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

人材紹介会社で面談を受けてきた感想

仕事 仕事-就転職

今日は仕事終わりに人材紹介会社で面談を受けてきました。所要時間は1時間15分ほど。事前に送っておいた履歴書・職務経歴書を基に、淡々と進んでいきました。

今回人材紹介会社を受けてみて学べるところも多かったので、改めてこの記事にまとめておこうと思います。これから転職をお考えの方、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

人材紹介会社の良かったところ

アドバイスがすごい的確

さすがはプロ。私が考えていることはもちろん、今後面接を突破するための戦略まで非常に親身にアドバイスしてくださいました。

自分1人で悩んでるよりも、誰かの意見を聞けるのってすごく大事ですね。

早速求人を8つも紹介してもらう

これまでの経歴などについて質問攻めにあったあと、本題の求人紹介へ。基本大企業でしたが、自分に見込みのありそうな求人を厳選してくれていたよう。

自分が持っていなかった視点でも求人を探してくれるので、視野少し広がりました。

面談中についての感想

気になったワード

こういった面談は過去に一度受けたことがあるんですが、そのときも結構多用されていたワードがあります。なんだかわかりますか?正解は、

「正直ベース」です。

この業界だけなのかわかりませんが、これでもかっ!ってくらい使いますよね。</>

「正直」はわかります。でも、その後ろに「ベース」を付ける意味って何なんでしょう。「予算ベース」とか「三塁ベース」とか、他に「ベース」がしっくり言葉もありますが、「正直ベース」はどうもしっくりきません。ホント、正直ベースに言うと。

ドキッとした話

恋愛的な意味ではないですよ。(面倒してくださった相手は若い女性でしたが)

何にドキッとしたかというと、年収の話になったとき。年収って意外と他の人と話さない話題ですよね。わりとデリケートな話題でもあるので、親しい人でもあんまり知りません。親の年収とかも、意外と知らない人が多いです。

それを初対面の人にスパッと聞かれたとき、ちょっとドキッとしました。まぁ年収がすべてではないけれど、低いよりは高い方がいいに決まっています。私はもう少し年収をあげられるように、色々と模索していきたいと思います。

まとめ

見ず知らずの人が自分の将来について一緒に考えてくれる。もうそれだけで、なんかすごい幸せなことですね。

転職しようかと悩んでいる方、ぜひ人材紹介会社に行ってみることをおすすめします!

 

今回私が利用した人材紹介サービス

ちなみに、私が利用したのは「マイナビ」の人材紹介サービス「マイナビクリエイター」です。

↓↓↓

【マイナビクリエイター】Web職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービス

その他の人材紹介サービス

他にも色んな会社さんがやっているようですし、サービスごとに得意な業界や職種も湧かれているので、ぜひご自分に合うサービスを探してみてはいかがでしょうか?

【DODA】業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!

【ワークポート】業界唯一のIT・インターネット業界専門の人材紹介会社

【GEEKLY】IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした人材紹介会社

【マイナビジョブ20'S】20代・第二新卒専門の人材紹介会社

【typeの人材紹介】専属キャリアアドバイザーが頼もしい!IT・Web系を得意とする人材紹介会社

© 2014-2016 君とアニメと人生と