読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

人工知能が小説を書く時代がやってきたらしい

仕事 仕事-職業

個人的にここ数年非常に気になっているテーマが、「人工知能(AI)」の話題です。近い将来、現在人間がやっている仕事の多くを、人工知能を有した機会が代替すると言われています。このテーマについては既に多くの書籍が刊行されているので、興味のある方には以下の2冊をおすすめしておきます。

人工知能が代替可能な仕事とは?

さて、人工知能によって代替可能な仕事とはどのようなものでしょうか? 分かりやすいところで言うと、農業や工場といった生産現場での仕事が思い浮かびます。これらの仕事は、フィクションの中では既に多くの部分を機械が担っている描写も目立ちますね。

代替可能性の高い100職種というのが、以下の記事で紹介されているので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に | 野村総合研究所(NRI)

ちなみに、同記事内で日本においては労働人口のうちの49%が、人工知能やロボットに代替可能であると言われています。

国内601種類の職業について、それぞれ人工知能やロボット等で代替される確率を試算しました。この結果、10~20年後に、日本の労働人口の約49%が就いている職業において、それらに代替することが可能との推計結果が得られています。

出典:日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に | 野村総合研究所(NRI)

人工知能による代替が難しい仕事とは?

一方、人工知能によって代替が難しい仕事とはどのようなものでしょう? 先ほど紹介した記事の中では、

芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。

出典:日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に | 野村総合研究所(NRI)

とまとめられています。創造性や協調性を要する仕事、そして非定型的な仕事は、現状では難しいという結論です。

クリエイティブ(芸術)分野でも躍進する人工知能

そんな中、最近こんな記事を見つけました。 

r25.jp

先ほど紹介した、人工知能による代替が難しい条件のうち、「創造性」を要する代表格のような仕事とも思える「小説執筆」。しかし、そもそも「創造性」とはどんなものなのでしょうか?

人間は少なからず様々なものから影響を受けており、本当の意味でゼロの状態から何かを生み出すことはできません。こう考えると、そもそも「創造性」というのはある程度「学習可能なもの」であると言えるかもしれません。

だとするならば、学習機能を持った「人工知能」によって創造的な仕事が代替されていくのも、ある意味時間の問題なのかもしれません。

© 2014-2016 君とアニメと人生と