読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

ブログは所詮自己満足の為のものでいい

ブログ ブログ-運営

f:id:nishimori_yu:20160426101128j:plain

 ブログなんて所詮は自己満足の為のものだ。中には、「読者のタメになる記事を書く」という信念の下にブログを書いているという人もいるかもしれないが、それだって結局のところ、「誰かのタメになる記事を書いている自分に満足しようとしている」に過ぎない。もちろん私は、他ならぬ自分の為だけにブログを書いている。

今週のお題「私がブログを書く理由」

ブログは自分との対話

f:id:nishimori_yu:20160426101949j:plain

 ブログはそれを書いている「本人」の為だけにある。ふと思い直してみたのだが、そもそもブログは「日記」を起源とするものだと思う。ここが、いわゆるWebメディアとの大きな違いだろう。そもそもが日記であるとするならば、「です・ます」調で書くというのもなんだかおかしな話だ。日記はつまるところ「自分との対話」である。自分の心に「です・ます」調で問いかけるなんてのは妙である。

 要するに、「ブログを書く」という行為は自分の心の中の言葉にならない思考をなんとか言葉にする行為だといえる。ブログを書くうえで、誰かに書かされるテーマなど存在しない。この記事だって、はてなブログの今週のお題が「私がブログを書く理由」であるということ以前に、前々から自分の中にあった思考を文章として捻り出す作業をしているに過ぎないのだから。自分に思うことがなければ、書きたいことがなければ、別に書く必要はない。

ブログを長く書き続けるためには

 この考え方は、長いスパンでブログを書き続けるうえで非常に重要だろうと思う。自分以外の誰かの為にブログを書き続けてしまうと、いつの間にか自分の書きたくないことまで書いているという現象に見舞われる。私自身も少なからずこういった経験があるが、こういった時期というのはたとえ多くの方にブログを読んでもらっていても、どこか退屈さがつきまとう。

自分のブログの読者ペルソナは自分で良い

 普通メディアを運営するためには、「想定読者」というものを設定する必要がある。この想定読者というのは、より具体的(ペルソナを設定する)であればあるほど良いとされる。逆に、これがしっかりディテールまで考えられていないと、メディア自体の方向性が曖昧になりやすい。

 ただ、ブログの場合の想定読者というのは他ならぬ「自分」で良いと私は思う。各テーマが自由であるからこそ、自分が読者として面白味を感じられないのであれば、書くこと自体が苦痛になっていく。

 とはいえ、結果的に自分と趣味や思考の近い人が読んでくれることはある。これは副産物程度に考えておけばいい。ブログは所詮自己満足の為のものでいいのだから。

© 2014-2016 君とアニメと人生と