読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

ブログなんか書いたって意味ないと自分に言い聞かせてた

ブログ ブログ-運営

f:id:nishimori_yu:20160505152938j:plain

ブログを書く意味・意義とは何でしょうか? 私はこれまで1年半ほどブログを書いてきましたが、正直満足な結果は出せていません。月の最高閲覧数は5万PVほど(PVが全てではないですが、1つの価値尺度として)。しかしながら、多くの方がブログを辞めていく中で1年半もの間このブログを辞めずにいることができました。

今回はこの1年半の間で私が感じ取ったもの、葛藤してきたことをまとめておこうと思います。これからブログを書こうという人、ブログを書いているけど結果が出ない人、そんな人に向けて書いていきたいと思います。ただし、題材はブログですが、人生における様々な挑戦にも通じるところがあるのではないかとも思っています。

ブログにおける報酬の形

ブログを書く意味・意義とは何か? もちろん色んな意味や意義があるとは思うのですが、結局のところあらゆる行動には「報酬」が必要です。

そしてその報酬の形には様々なものがあります。お金だったり、承認欲求だったり、誰かの役に立つことだったり、ちょっとした繋がりだったり、言ってしまえば今自分に足りていないものを報酬として認識するのでしょう。

たとえば、現実での収入に満足できていない方は、ブログにおける報酬を「収益」と位置付けます。また、他者との繋がりに飢えている方は、ブログにおける報酬を「他者との繋がり」と位置付けます。

つまり、ブログを書くうえでの意味や意義は、その人に不足しているものによって大きく変わってくるのです。

「○○したって仕方がない」という気持ち

次項は私の話。私自身はこれまでの1年半の間で、ブログ以外にも色んな経験をしました。1度転職を経験し、さらに現在は2度目の転職活動中です。そしてその私に不足しているのは、「仕事のやりがい」「自分のやったことに対する実感・成果」でした。

仕事が大変な時期は、わざわざブログを書く気持ちも起きません。しかし、なんだかんだ忘れたころにちょっとブログを書きたくなる。そしてそんな中でブログを書くと、書き終わった後に決まってこう考えていました。

ブログなんか書いたって意味ないよな……

そう思うことで、いや、そう自分に言い聞かせることで、自分自身に歯止めをかけていたように思います。

自分の行動に意義を見出すのは他ならぬ自分

頑張ってみたい、挑戦してみたいと思うことが困難なほど、自分自身に疑問が湧きます。本当にそれがやりたいのか? それをやってどうなるのか? もっと他にやるべきことはないのか? しかし最近はその考え方がこんな風に変わってきたように思います。

書いても何も変わらないかもしれない。でも書かなきゃ多分何も変わらない

何か新しいことに挑戦しようとする気持ちというのは、「現状を変えたい」という気持ちに他なりません。その「現状を変えたい」という気持ちを押し込めずに、とりあえずなんでも良いから行動してみることが大事。たとえそれが大した変化をもたらさないものであっても、何もしないよりは百万倍マシです。

まとめ

「○○したって仕方がない」という気持ちとの戦い方について、自分なりに書いてきました。今回の題材はブログでしたが、他の様々なことにも言えることだと思います。

それをやったところで大した変化はないかもしれない、そんな風に思ったとしても、自分の中に他の選択肢がないのなら、迷わず実行に移すべきです。

私も陰ながら、この記事を読んで下さったあなたの挑戦を応援したいと思います。

© 2014-2016 君とアニメと人生と