読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

前代未聞の問題作?美少女SFロボットアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』

アニメ アニメ-おすすめ

f:id:nishimori_yu:20160513222636p:plain

2014年秋から2クールに渡って放送された『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』。もし敢えてあらすじを大まかに言うとすれば、

「美少女たちがロボットを操り強大な敵と戦う」

という感じになります。しかし実はこの作品、その大まかなあらすじからはとても想像できないほどの過激な設定・描写が目立つ問題作として、当時大きな話題になったんです。あの水樹奈々さん主演の作品でありながら、さまざまな物議をかもした本作のあらすじ、魅力・見所をご紹介したいと思います。

※お子様には少々刺激の強い作品ですので視聴にはご注意ください

あらすじ

世界を壊して、私は生きる

魔法のごとき力“マナ”を手にした人類は、戦争や飢餓、環境汚染などのあらゆる問題を克服し、誰もが何不自由ない生活を送ることができる“楽園”を築いていた。そして、大国「ミスルギ皇国」の第一皇女であるアンジュリーゼもまた、平和な世界で国民に慕われる充実した生活を送っていた。しかしそんな生活も束の間。アンジュリーゼは自分自身が、世界が“イレギュラー”な存在として忌むべき対象にしてきた“ノーマ”であるという事実を突きつけられる。文字通り全てを失ったアンジュリーゼは、“ノーマ”たちが収容される孤島に連行される。なんとそこに生きる“ノーマ”の少女たちは、変形人型兵器「パラメイル」を操り謎の巨大攻性生物「ドラゴン」から地球を守っていたのだった。これは、アンジュリーゼの名前を奪われ「アンジュ」として生きることになった1人の少女の物語。

主人公は“堕ちた”皇女

f:id:nishimori_yu:20160513223420p:plain

主演の水樹奈々さんが演じるのは、ミスルギ皇国第一皇女のアンジュリーゼ。王族として国民から尊敬される存在でしたが、アンジュリーゼが16歳を迎え正式に皇室の一員として認められる「洗礼の儀」の日に事件は起こります。兄・ジュリオによって、アンジュリーゼが“ノーマ”であるという事実が明るみになってしまうのです。

“ノーマ”とは、“マナ”の力を持たず、それを触れるだけで無効化にしてしまう人間のこと。人類は遺伝子操作によって“マナ”を得ましたが、旧人類の因子を持った突然変異として常に一定数のノーマが生まれ続けています。ちなみに、“ノーマ”は女性にしか発生しません。

ノーマが“楽園”を支えるいびつな世界

f:id:nishimori_yu:20160513224126p:plain

この世界では“マナ”と呼ばれる魔法のような技術が発達しており、人類はその栄華を誇っていました。エネルギーに満ちあふれ、誰もがなに不自由のない生活を送ることができる“楽園”。

しかしそんな世界を裏で支えていたのは、“ノーマ”として差別を受ける少女たち。次元を超えて侵攻してくる「ドラゴン」の脅威に対し、「パラメイル」を操り身を挺して世界を守っているのでした。終わりの見えない壮絶な戦いの中で、一人、また一人と少女たちは命を落としていきます。「ドラゴン」とは一体何なのか? いびつな世界の真実とは? アンジュは果て無き戦いの中で、世界の真相に迫っていきます。

拷問・失禁・肉体関係など過激な描写

f:id:nishimori_yu:20160513224238p:plain

第1話から過激な描写が満載の『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』。拷問・失禁・肉体関係など、放送可能ギリギリのラインを果敢に攻めた作品といえます。とはいえ、一見そこまでする必要あるのか?というほどの過激な演出が、むしろ作品の世界観を余すところなく表現しているようにも思えます。理不尽に虐げられた少女たち。いびつな構造を隠し続ける見せかけの“楽園”。そして、予想もつかない意外な展開。

ぜひ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の独特な世界観を体感してみてはいかがでしょうか?

 

©SUNRISE/PROJECT ANGE

関連動画

コミカライズ版はこちらから

関連商品

© 2014-2016 君とアニメと人生と