読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

自分をロボットだと思い込むモチベ維持法

ブログ ブログ-日記

最近立て続けにこんな話を聞いた。モチベーションをコントロールするには、自分を「プログラミングされたロボットのように思い込むことだ」と。

1人目に言っていたのは、メディアやテクノロジーを専門にしている学者の方だった。2人目は、皆さんご存知の400mハードル銅メダリストの為末大さん。

モチベーションを維持するのに効果的

短期間のうちに立て続けにこの話を聞いたので、ここには何かしらの審理があるのかもしれない。私なんかは、あれこれ考えすぎて結局考えもまとまらず、最初に決めた目標へ素直に走れない場合が多い。今回の転職もそうだ。

ロボットのように考えるべきポイントとは?

自分が歩んでいく方向を決めるとき、そこはロボットのように決めてはならない。なぜなら、自分の心が持つ人間としての素直な感情に耳を傾けるべきだからだ。しかし、一度方向を決めたのなら、ある程度のところまでは「ロボットのように」進み続けることも必要かもしれない。

まとめ

人間は間違える生き物。だが、間違いかどうかを判断するのもまた人間自身。私のように自分で決めたことをすぐに諦めてしまう人は、時に自分を「ロボットのように思い込む」ことで、モチベーションを維持していくと良いのだろう。

© 2014-2016 君とアニメと人生と