読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

「激務」は会社のダメさと自己管理の甘さの象徴である

ブログ ブログ-日記

昨日帰りの電車でこんな記事を読んだ

「忙しい人」になってはいけない。 | Books&Apps

その中で、こんな一節があった。

激務とは?

激務とは、「会社のダメさ」と「自己管理の甘さ」の象徴だと。そんなものはアピールしてもむしろマイナスであると。

これは本当にその通りだと思った。昨日私が帰りの電車で書いていた記事も似たようなテーマだ。記事を書いた後に上の記事を読んだのだが、これもある種の引き寄せの法則なのかもしれない。

激務を自慢する人

激務を自慢する人というのは必ずといって良いほど職場にいる。そういう人は大抵「遅くまで頑張ってる俺(私)偉くない?」としたり顔だ。

でもそんなのはただの自分の能力の低さのアピールくらいにしかならない。激務で大変なら、一刻も早くその状況を打破するために何か策に打って出るべきだ。激務を自慢している時間などない。

まとめ

もし自分の行動次第でどうにかなる問題なら、いち早く行動に移すべきだ。自分ではどうしようもない問題なら、そんな会社すぐに辞めてしまおう。

忙しい人になってはいけない。これを肝に銘じて、今後の社会人生活の糧にしていきたいと思う。

© 2014-2016 君とアニメと人生と