読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

2016年6月の当ブログアクセスランキングTOP10

ブログ ブログ-運営

先月から始めた1ヶ月の振り返り&反省記事です。全体としては、1,000PV以上読まれる記事の数が先月よりも格段に上がりました。その理由などについても考えていきたいと思います。

それでは早速第1位から順番に発表していきます。

【第1位】約11,200PV

先月は約6,000PVで2位だった、『マクロスΔ』の「ワルキューレ」解説記事がダントツのトップでした。正直ここまで需要があるとは想像もしていませんでしたが、この記事にはほぼ常にアクセスが発生しています。

【第2位】約7,200PV

ちょっと記事を書くのに詰まった日がありまして、そのときにいつもと違う内容の記事を書こうと思って書いた記事です。調べてから書くまでに掛かった時間はトータル10分ほどでしたが、予想以上のアクセスがあり自分自身も驚いています。話題としての旬は過ぎたのでこれ以上伸びはしないですが、ブログを運営していく中でたまにはこういった変化球を織り交ぜるのもアリかなと感じました。

【第3位】約3,500PV

7月から始まる新アニメに関する記事です。個人的に何を観ようか調べたかったので、自分のために書いた記事でもあります。割と早めの時期に出したので、競合も比較的少なかったのかなと思います。旬に関わるネタは、とにかくスピードが命。今後も定期的に来期アニメの情報は出していこうと思います。

【第4位】約3,500PV

先月の第3位で約2,500PVほどだった、2016春アニメのOPおすすめ記事です。正直4月の方が需要がありそうなテーマでしたが、6月は意外とアクセスが伸びましたね。ある程度CDの発売が出揃ってから調べる人もいるのかもしれません。

【第5位】約1,900PV

先月は第8位だった「ヒロインランキング」記事がランクインしました。アクセス数としてはそう多くないですが、一定の需要はあったように思います。競合もあまり多くないテーマなので、検索ボリュームの割には流入があったのかなと。

【第6位】約1,600PV

第3位の「期待度が高い注目作13選」記事を補完する形で書いた2016夏アニメの記事です。続編・シリーズものの方が、それまでの作品を観ていないといけない分視聴ハードルが高いので、この程度のアクセスでも仕方ないのかもしれません。ただ、やはり一定の需要はありそうなので、今後も続けていこうと思います。

【第7位】約1,600PV

先月、約12,000PVをたたき出した『甲鉄城のカバネリ』の比較記事です。バズった後の伸びが心配でしたが、思ったより持ちこたえてくれたのでほっとしました。一時期「甲鉄城のカバネリ」という検索ワードでも1、2ページ目に表示されていたので、検索エンジンに良質なコンテンツとして認識してもらえた手ごたえを感じています。

【第8位】約1,400PV

第5位のヒロインランキングと似た切り口のイケメン版記事。個人的にはもう少し伸びるかと思いましたが、この辺りに落ち着きました。画像を探すのが結構大変だったので、苦労にはあまり見合わなかった記事です。ヒロイン記事のようにグッズが揃っていればよかったのですが、紹介したいイケメンのグッズが少なかったためこうなりました。時期を遅くするか、紹介するイケメンをグッズが出るメインキャラに絞るか、夏アニメは少し作戦を練りたいと思います。

【第9位】約1,400PV

先月も10位に入った『ビッグオーダー』の比較記事です。爆発力はなかったですが、現在も定期的にアクセスがあります。特に、密かに狙っていた『未来日記』関連ワードでの流入もあったので、収穫もあった記事。ちなみに、『ビッグオーダー』は最後までしっかり観ました。

【第10位】約1,300PV

なんと第10位は、ちょっと変わり種のアニメニュース記事。京アニの新作PVがすごく感動したので、それについて書きたいと思って書きました。もちろん大手アニメニュースサイトもこぞって取り上げていたので、正直ここまで読んでもらえるとは思いませんでした。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」というキーワードでも上位にいるので、新情報が出たら追記していきたいと思います。

まとめ・総評

6月の全体PVは、約61,000PVで過去最高でした。16日から新しい職場に移り、そこでの仕事が割と激務のため更新が滞りましたが、検索流入でしっかりアクセスをキープできた形です。

冒頭でも書きましたが、6月はTOP10の記事がすべて1,000PV以上読まれるなど、SEOに手ごたえを感じる月でした。(ちなみに、第11位は約1,100PVで「私が心からおすすめしたい厳選アニメ36選【随時更新】」でした)主にやったことといえば、検索ワードを意識して記事を作るだけなのですが、その辺の詳しいところはこちらの記事を読んでいただけばと思います。

今後の運営としては、今の仕事だと家に帰るのが23時以降になることも多く、平日に記事を書くのは難しそうなので、せめて土日に1記事は必ず書けるようにしていきたいと思います。

先月のアクセスランキングTOP10

© 2014-2016 君とアニメと人生と