読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

生きる目的がなかなか見つからないのはなぜか?

ブログ ブログ-日記

私はこれまで24年と半年ほどの間を生きてきた。そのなかで常に探し求めているのが、自分の「生きる目的」だ。自分が生きる目的を探す。それは、人間にとって永遠のテーマでもあり、永遠に答えの出ない命題でもある。

今回はこの「生きる目的」について、自分なりの考えをまとめていきたいと思う。

なぜ私は生きているのか?

私にはこれと言って楽しいと思えることがない。強いて挙げることができる「好きなこと」ぐらいはあるのだが、「これだけをやっていれば人生薔薇色!」というほど好きなわけではない。だから、今この瞬間を思いっきり楽しむことができず、常に自分の人生について思い悩んでいる。

たまに「なぜ私は生きているのか?」と思うことがある。その答えは、今のところ「生まれたから」としか答えようがない。

生きる目的を探すことこそが「生きる」ということなのか

そもそも「生きる」とは何か。ただ心臓が鼓動を打っていれば、それだけで生きていることになるのか。多分そんなことはないのだろう。自分が「生きている」ということを実感するには、他ならぬ自分自身が「生」を実感できる何かが必要である。

もっとシンプルに考えた方が良いのかもしれない

タレントで漫画家の蛭子能収(えびす よしかず)さんの格言を集めた「日めくりカレンダー」に、こんな言葉があった。

生きるのが楽になる  まいにち蛭子さん(日めくり)

生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)

 

好きなことが見つからないときは、とりあえずお金を稼ぐんですよ

オレが考える大人の条件は、「好きなことをやっていること」、それと、「ちゃんとお金を稼いでいること」。「好きなことがみつからない」という人は、あれこれ考えるより、まずお金を稼いだほうがいいです。そうすれば、あとで好きなことが見つかったときにそれが元手になるじゃないですか。

―「生きるのが楽になる まいにち蛭子さん」より

蛭子さんの言う「好きなことをやっている」というのは、自分の人生の意味や目的に折り合いをつけて歩いていくことなのではないかと思う。そういう意味では、まさに今のような私の状況では、まずお金を稼ぐことが大事なのかもしれない。

© 2014-2016 君とアニメと人生と