読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

残業代が出ないことと残業が発生する論理は別

ブログ ブログ-日記

正直、騙されたと言っても過言ではない。今回のテーマは、残業代が出るかどうかと残業が発生する理屈・論理について。この2つは明確に区別されなければいけないと思うのだが、どうも勝手にすり替えられている気がする。そんな私の実体験をまとめていく。

残業代、出ません

以前のエントリーでも書いたが、私が最近転職した会社は、雇用形態が「業務委託」のため「残業代」が一切発生しない。一切というのは、1円たりとも、だ。

それは別に良い

とはいえ、そこは私も了承して入社した(業務委託のため、厳密には「入社」ではないのだが)ので、残業代が欲しいとは言わない。(思っているが)

残業を無条件に受け入れるわけではない

ただし、私は今怒っている。なぜなら、先ほどの条件が「無条件でいくら残業させても構わない」という論理にすり替わっているからだ。これはもう詐欺と言っても良いかもしれない。騙される方が悪いと言えばそれまでだが、一応その業界で名の知れた大企業がやることではない。

納得のいく残業とは何か

本来、仕事は定時に業務が終わるように割り振られるのが基本である。もちろん、不測の事態や納期等の問題によって、やむを得ず残業が発生することは仕方ない。
つまり、納得のいく残業とは、もし業務において特筆する問題が生じなかった場合、決められた業務時間の間に終わるはずであった仕事に対し、特筆すべき問題等が起きて発生するものだと言えるはずだ。
それはある種、問題なく進められなかった当人の責任でもあり、残業の論理としては十分だろう。

納得できない残業

これは、端から定時に終わらない量の仕事を振られることである。それは、組織による暴力と言っても過言はない。そしてこういうことをする会社は、そもそも残業代が出ないということになる場合が多いと予想が付く。仕事量の調整に関して会社が起こした問題を、社員になすり付けることで生き長らえてるわけだ。

© 2014-2016 君とアニメと人生と