読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

辞めたいとばかり思っていた会社を続ける決心をした3つの理由

ブログ ブログ-日記 仕事 仕事-就転職

今の会社に転職をして、もうすぐ3ヶ月が経とうとしている。雇用形態は「業務委託」なのだが、いわゆる「試用期間」と似たような期間が設けられており、3ヶ月というのがこの期間に当たる。

これまでの3ヶ月弱は本当に辛いことの連続だった。何度も辞めようと思ったし、常に会社には行きたくなかった。そんな風に思っていた私が、この会社でもう少しだけ仕事を続けてみようと思った理由をここに記しておきたいと思う。

①逃げ道を作って現状を否定していることに気付いたから

丁度今の仕事が肉体的にも精神的にも辛いと感じているときに、今よりも明らかに条件の良い転職の誘いがあった。声を掛けてくれたのは、一緒に働いたことこそないものの私のことを以前から懇意してくれていた方で、欠員が出るからぜひウチに来ないかと言っていただいた。正直こういった経験は初めてだったので、舞い上がってしまった部分も大きいと思う。その上、今の仕事に大きなストレスと不安を感じていた私は、そこに逃げ道を作ってしまった。

その結果的として、今の会社は「あそこが納得いかない」「ここが合わない」と現状ばかりをただ否定し、良いところにはあまり目が向かなくなっていた。人間というのは不思議なもので、もう自分が今そこにある現実の中で生きていくしかないと決めると、どんなに困難な状況でもなんとか生きていける生き物だと思う。少しでもその環境を自分にとって心地よい場所に変えようと努力するわけだ。

このことに気付いた瞬間、自分が今できることを精一杯やっていなことに気付いた。今そこでの居心地が悪いのならば、その現状をしっかり受け止めた上で、少しでも居心地が良くなるように行動すれば良い。もしそれで必死に手を尽くしても良くならないのだとしたら、その時こそ辞めて転職すれば良いと考えるようになった。

②3ヶ月程度で全てをわかった気になるのは勿体ないと気付いたから

「3ヶ月」というのは長い期間なのか、それとも短い期間なのか。人それぞれの感覚の問題でもあるかもしれないが、それにしてもたった3ヶ月そこにいただけで、全てをわかったような気になるのは勿体ない。というか、もはや「傲慢」ですらあるかもしれない。

仕事をするうえで、「3ヶ月」というのは自分が担当する業務を一通り「経験」するのには適した期間のように思える。ただ、一度「経験」したからといって、それを体に馴染ませ「吸収」するまでには「3ヶ月」ではあまりに短いのではないか。しっかり経験を自分のものにすることさえできれば、そこからまた新たに経験を積んでいくことができる。経験をしただけでは見えなかったものも、経験を吸収した上で自分を俯瞰してみることで、新しい発想が浮かんだりする。

私の場合は、本当にギリギリ3ヶ月が過ぎる前にこの感覚を得ることができた。目の前にあることをただひたすら必死に経験した後、そこから一歩引いてみるというのが、非常に大事だと思う。

③辛い時期を乗り越えたことで自分に自信が出てきたから

これまでの3ヶ月のうちほんのいっときではあったが、平日も朝から晩まで働いたうえ、土日も仕事に行かなくてはならないという時期があった。これまでは土日にしっかり体を休めることでなんとか仕事に行けていたが、これではもう本当に体が持たないと、その時は本気で危機感を覚えた。これまではどちらかというと精神的な負担の方が大きかったが、この時期は特に頭痛が酷かったり体がだるかったりと、肉体的に辛かった。

なんとか任された仕事をやり遂げたのだが、その後は台風一過のごとく仕事の忙しさもひと段落している。しかも「あんな大変な時期を乗り越えたのだから、もう大抵のことがあっても大丈夫そうだな」という不思議な自信が湧いてきている。早いうちに大変な思いをしておくと後は楽、とは良く言ったものだなと改めて感じた。

© 2014-2016 君とアニメと人生と