読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

地元の映画館に『君の名は。』を観に来たら未だに満席だった

アニメ ブログ ブログ-日記

正直、なめていました。8月26日の公開から映画・アニメ業界の話題をかっさらっい、未だその人気に陰りを見せない偶然の大ヒット劇場アニメ『君の名は。』。私も観よう観ようと思っていたのですが、なかなか観られずにここまで来てしまいました。そして遂に本日観られることになったのですが…

まさか満席だなんて

私が住んでいるのは埼玉県の南西部。自宅付近(隣町を含む)には3つ映画館があるのですが、『君の名は。』を上映しているのはそのうちの一番遠い映画館1つだけだったので、仕方なくそこで16時15分からの回を観ることにしました。

一応事前にホームページで空席を確認しておいたのですが、昨日の夜時点では半分以上空いており、「まぁ1時間くらい前に行けば当日券で観られるだろ」と決めつけていたのです。

映画の勝負は公開後最初の土日

映画関係者はこの2日間に全てを掛けています。これは、この2日間に客が入らなければ、次第に上映回数自体も減っていき、結果的に興行収入も決まってしまうためです。逆に、どんなに期待されるタイトルであっても、客入りは最初の土日が一番のピークであり、その後は徐々に減っていく運命にあります。このことを踏まえて、今回の『君の名は。』人気を捉えてみましょう。

公開後4週目で未だに満席というロングラン

つまり『君の名は。』は、ド埼玉のド田舎の映画館でさえ、公開後4週目にもかかわらず満席になるという超ロングランな作品となっているわけです。この異常さはなかなか筆舌に尽くしがたいのですが、要はこの記事で何が言いたいのかというと、

『君の名は。』が早く観たい

という一言に尽きます。しかし、18時45分まで何もないド埼玉のド田舎で暇を潰さなければなりません。そこで、どうせならと思い、とあるカフェの片隅からお送りしました。楽しみや。

© 2014-2016 君とアニメと人生と