読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

映画『聲の形』ネタバレなしのあらすじ・感想・見所を紹介

アニメ アニメ-レビュー アニメ-おすすめ

『君の名は。』と並び、日本の映画業界で大きな話題を呼んでいるアニメ映画『聲の形』(こえのかたち)を観てきました。私は原作未読だったのですが、これから初めて劇場版を観る方に向けて、話の核心に迫るようなネタバレはせずに感想やあらすじなどをまとめていきたいと思います。

あらすじ

高校生になった石田将也(いしだ しょうや)は、自ら命を断とうとしていた。将也のいた水門小学校6年2組に、耳の聴こえない西宮硝子(にしみや しょうこ)が突然やってきたあの日から約5年。好奇心からとはいえ、れっきとした“いじめ”を硝子に対して行ってしまった将也は、そのことで周囲から全ての責任を負わされ、自身も“いじめ”を受ける対象になってしまったのだった。その後も暗く憂鬱な日々を送ってきた将也だったが、同じく高校生になった硝子へ会いに行くことで大きな転機が訪れる。

“声”だけでは伝わらない人と人

耳の聴こえないヒロイン・硝子がやってきたことで、将也たちのいる水門小学校6年2組の人間関係は目まぐるしく変わっていきます。ただ、それは単に硝子が聴覚障がいを持っているからということ以前に、人と人が自分の気持ちを相手に伝えることの難しさを描いているように思いました。子どもなのですから当然といえば当然なのですが、登場人物たちが高校生になることで改めてそれを実感し、そして反省し、これからの人生に活かしていこうともがく様子は、非常に感動的です。

「いじめ」問題の複雑な関係性を描いたエンタメ作品

いじめを実際にしてしまった人、いじめを受けた人、そしていじめに加担した人、知っていながら止めきれなかった人、それぞれの登場人物たちの人間関係が複雑に絡み合いながら、「いじめ」という行為が引き起こされる様子を丁寧に描いています。きっかけは確かに、硝子が聴覚障がいを持っているということに他ならないのですが、それだけではこんな結果にはならなかったはず。さまざまなことが複雑に絡み合いながら、少年少女たちを苦しめる展開には息を呑みます。

ヒロインの硝子役を演じた早見沙織さんの演技が圧巻!!

ヒロインの硝子役を演じたのは、今やアニメ業界では知らぬ人はいないであろう人気声優・早見沙織さん。もちろん演技力には高い評価がありますが、それでも今回の西宮硝子役は一味も二味も違いました。

なんといっても、聴覚障がいを持っている少女なので、普通に誰かと話をするという描写がありません。要するに、普段演じる役のように普通の「台詞」を発するシーンがほとんどないわけです。そんな難しい役柄を違和感ひとつなく演じ切る早見沙織さんが本作の大きな見所のひとつです。ぜひ注目してみてください。

aikoが歌う主題歌「恋をしたのは」が泣ける

youtu.be

しかもなんと『聲の形』の主題歌を歌うは、あの超人気シンガーソングライター・aikoさん。私はこのことを事前に知らずに劇場へ足を運んだのですが、劇中でaikoさんの楽曲が流れた瞬間は驚きを隠せませんでした。しかし、今回の楽曲「恋をしたのは」は、『聲の形』の世界観にもピッタリな一曲。ぜひこれから観に行く方は、楽曲の方もチェックしてみてください!

まとめ

以上、『聲の形』ネタバレなしのあらすじと感想をまとめてきました。『聲の形』は、空前のヒット作『けいおん!』と同じく「京都アニメーション」が制作した作品ですが、まさにこの「京アニ」の新境地を感じさせる良作だと思います。もしもまだ観ていない方は、ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

『聲の形』関連商品

© 2014-2016 君とアニメと人生と