読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君とアニメと人生と

アニメ・人生・仕事の三本柱でお送りします

個人ブログを長く書き続けるために必要なたった2つのポイント

ブログを始めることそれ自体は、実に簡単な世の中になった。世界中どこにいてもアクセスできる空間に、自分の書いた文章がほとんど無料で載せられる。本当はこれだけでも十分すごいことなのだが、そのありがたみも中々感じづらくなってきている気がしてならない。

だからこそ、ただ「ブログを書き続ける」ということも非常に難しくなってきたように思う。始めるのも簡単な分、辞めてしまうのも簡単というわけだ。しかしながら、同じような経緯でブログを始めたとしても、そしてどんなに忙しい日々を送っていたとしても、なぜか長い間ブログを書き続けられる人というのが存在する。彼らには何があって、辞めてしまった人には何が足りなかったのか。この記事では、僕が自分なりに「ブログを書き続けるために必要なこと」について考えたことをまとめていく。

①自分が心から「書きたい」と思える記事を書く

非常に簡単な話なのだが、  ある程度の期間ブログを書いていると案外見失いがちなのがこの自分が「書きたい」と思えるかどうかという基準だ。

僕も思い当たる節があるのだが、ブログを書いていると「ネタに詰まる瞬間」が遅かれ早かれ必ずやってくる。そしてここで、自分の「書きたい」を見失ってしまうかどうかが、ブログを続ける上での大きな分かれ道になる。

当然のことながら、ここで全く記事を書かなくなれば、ブログを「辞めた」ということになる。かといって、「何でも良いから何か書かなければ」と焦って記事を書くと、本心では自分自身が「書きたい」と思って書いているわけではないので、記事の質も落ちるし、また次の記事を書くのが億劫になってしまう。だから結局のところ、ブログを続けるコツは、他ならぬ自分自身が「書きたい」と思える記事を書くということに収束するというわけだ。

②誰かに心から「読みたい」と思われる記事を書く

ブログを長く続けるためのコツは、自分が「書きたい」と思える記事を書くことだと述べてきた。しかし、これだけでは絶対的に足りない。なぜなら、ブログで記事を書く以上、それを誰かに読んでもらえないと決して満足できないからだ。もしも、ただ何かを書くだけで満足できるという人がいるのなら、それはブログではなく紙の日記にしたためるべきだろう。

話を元に戻すと、要はいくら自分が書きたい記事を書いても、それが誰にも読んでもらえないのではむしろストレスが溜まることだろう。

「なんで自分はこんなに頑張って書いてるのに誰も読んでくれないんだ…」

もしこんな風に思ったとしても、何も不思議なことはない。ただ、もしその記事が本当に自分の書きたかった記事だとすれば、それは単純にその記事が面白くないか、露出の方法が悪いか、の大きく分けて2つの原因によるものだと思われる。露出の方法については、長く続けていれば自然とつながりも増えていくし、検索流入も増えるので割と時間が解決してくれる。しかし、記事の面白さに関しては自分で捻り出すしかない。

誰かに読みたいと思われる記事を書くための一番簡単なコツは、自分の持っている悩みや疑問と、その解決法を自分なりに記事にまとめること。そしてこの「悩みや疑問」が「自分のものかどうか」というのがすごく大事だ。

先に述べた①の項目ともつなげてまとめると、誰かが読みたいと思う記事(②)を、他ならぬ自分が書きたいと思って書く(①)というのが、ブログを長く続けるコツなのではないか。

<まとめ>あとは2つのバランス次第

ブログを長く続けるために、私が非常に大事だと思う2つのポイントをまとめてきた。言ってしまえば当たり前のことだが、意外と意識せずにブログを書いていると見失いがちな項目でもある。

そしてもしこの2つのポイントにもう1つ加えるなら、しっかりと「収益を出す」ということになるだろう。お金をもらうということは、それによって誰かが満足してくれたという結果に他ならない。最低でも月に1万円くらいは稼げると、尚良いだろう。

© 2014-2017 君とアニメと人生と