連載企画:「このマンガがすごい!」掲載の漫画は本当にすごいのか?

このマンガがすごい! 2017

先日本屋に立ち寄った際、「このマンガがすごい!2017」を購入しました。せっかくなのでこの本に関連した連載企画をやってみたいと思います。

「このマンガがすごい!」とは?

2005年より毎年12月に宝島社から発行されているムック本シリーズ「このマンガがすごい!」。オトコ編とオンナ編それぞれBEST50、計100作品の大注目漫画を紹介する前マスコミ注目の1冊です。

過去のオトコ編第1位には、2010年版の『バクマン。』や、2011年版の『進撃の巨人』、さらに2015年版の『聲の形』など、後にアニメ化などをきっかけに爆発的なヒットを飛ばす作品が輝いています。

一方オンナ編は、オトコ編に比べればやや見劣りするものの、2006・2007年版の第1位『ハチミツとクローバー』や、2010年版の第1位『ちはやふる』など、女性だけにとどまらない大人気作も数多く取り上げられています。

「このマンガがすごい!」掲載のマンガを実際に読んでみる

さて今回の連載企画では、2016年版以前のものも含めて「このマンガがすごい!」に掲載された作品を私が実際に読んでみます。そして、本当にそのマンガが「すごかったかどうか」をレビュー記事にまとめていきます。もちろん私個人の意見ではあるので、参考程度に読んでもらえれば幸いです。読む作品は、私が「このマンガがすごい!」で興味を持ったものを優先するため、必ずしも上位からの紹介になるとは限りません。

評価をわかりやすくするために、基準は以下の3つにしようと考えています。

  1. 本当にすごい!
  2. まあまあすごい!
  3. あんまりすごくない!

③になることはほとんどないかもしれませんが、ひとまずこれで進めていきます。更新はできれば週1回ぐらいにしたいですが、漫画の方を読む必要もあるので最低でも隔週ぐらいでお届けするようにします。

それでは、本編をお楽しみに!