arrows M04 PREMIUMはおサイフケータイを安く運用したい人におすすめ!

f:id:nishimori_yu:20171027014747j:plain

“おサイフケータイ”ヘビーユーザーの岡本です。CMでもお馴染みのUQモバイルより、おサイフケータイに対応した格安スマホ「arrows M04 PREMIUM」が発売されました。

個人的にこの機種が非常におすすめの機種だったので、おすすめの理由やスペック、発売後の評判について解説したいと思います。

arrows M04 PREMIUMはおサイフケータイユーザーにおすすめ!

今回UQモバイルより発売された「arrows M04 PREMIUM」は、2017年7月20日に発売された富士通製のSIMフリースマホ「arrows M04」のスペック強化版です。

僕は丁度同じシリーズの2個前のモデル「arrows M02」を2年ほど前から使っているのですが、ここ半年ほど買い替えのスマホを探しており、「arrows M04」にも注目していました。しかし、スペック面でやや不満が残ったため購入には至りませんでした。

そこで今回の「arrows M04 PREMIUM」発売は思ってもみなかった朗報。僕自身も購入しようか非常に悩んでいます。

arrows M04 PREMIUMのスペック変更点

f:id:nishimori_yu:20171027011325j:plain

参照元:富士通コネクテッドテクノロジーズ

「arrows M04 PREMIUM」の主な変更点は、RAMとROMの容量がそれぞれ倍にアップしたところです。

「arrows M04」の場合は、「RAM:2GB」「ROM:16GB」と、最近のスマホとしてはやや控えめなスペックでした。最近の大手キャリアのスマホやSIMフリースマホの中でも海外製のモデルは、軒並み「RAM:3GB」「ROM:32GB」以上。特に購入後に増設ができない「RAM」のスペック強化は、非常にありがたいポイントです。

以下が「arrows M04 PREMIUM」の基本スペック。

赤文字がarrows M04からの変更点です。

OS:Android 7.1
CPU:クアッドコア 1.2GHz(Qualcomm Snapdragon 410)
メモリ:内蔵 RAM 3GB、ROM 32GB
バッテリー容量:2580mAh
連続待受時間:LTE 約500時間、3G 約580時間
連続通話時間:LTE 約520分、3G 約630分
バッテリー充電時間:約160分
ディスプレイ:約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
カメラ:アウト 約1310万画素、イン  約500万画素

「arrows M04」と細かく比較すると、RAMとROM以外では、充電時間が10分増加しています。また、バッテリー持ちもやや悪くなっていますが、これは恐らくRAMのスペック強化による消費電力の違いでしょう。まあこの辺りは仕方ないですね。

その他の機能は「arrows M04」と全く同じです。もちろんおサイフケータイにも対応しています。

テザリング:対応
NFC:対応
FeliCa:対応
Bluetooth:対応(4.1)
ワンセグ:対応

なお、「arrows M04 PREMIUM」には限定色のレッドが追加されています。カラバリで選びたい方には嬉しいですね。

arrows M04 PREMIUMの評判・評価

実は元々「arrows M04」が発売された段階で、「RAMが2GBだとこれから先2年間使うのは厳しそうだな…」というのが僕の印象でした。そして今回の「arrows M04 PREMIUM」ではそこが見事にクリアされたので、格安スマホ・SIMフリースマホでおサイフケータイ対応機をお探しの方には有力候補になりそうです。

ただし、欲を言えばCPUのスペックも強化してほしかったところ。「arrows M04」から変更のなかったCPU「Snapdragon 410」は、実は私が現在使っている「arrows M02」と同じです。RAMの容量増加は嬉しい限りですが、大幅なスペックアップとはならず。個人的にCPUが「Snapdragon 430」であれば文句なしでした。

Twitterや掲示板などの評判を見てみると、私と同様の感想を持っている方多いようです。

まとめ

以上、発売されたばかりの「arrows M04 PREMIUM」についてまとめました。

価格は35,000円程度と安く、UQモバイル自体も最近の格安スマホ・SIMの中では非常に高い評価を得ているサービスなので、特に他で購入できるのを待つほどでもないでしょう。

「arrows M04 PREMIUM」の購入はこちらから⇒UQモバイル