バトル・アクションアニメのおすすめランキングTOP9!手に汗握る熱い展開!

この記事では数多あるアニメ作品のうち、「バトル・アクション」というジャンルに絞ったおすすめ作品をピックアップしてご紹介します。

アニメらしいヌルヌルと動くアクションシーンが魅力の名作ばかりなので、アニメに限らず広くエンタメが好きな方におすすめです。未視聴の作品があればぜひ参考にしてみてください!

第1位 TIGER & BUNNY

TIGER & BUNNY Blu-ray BOX

概要

2011年春から2クール放送のTVアニメ。サンライズ制作によるオリジナル作品です。

NEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者が誕生した世界で、ワイルドタイガーとして活躍(?)する鏑木・T・虎徹と、その相方となったスーパールーキー、バーナビー・ブルックスJr.の2人が、互いに反発しつつも信頼関係を築き、一流のヒーローコンビに成長する姿を描いています。

おすすめポイント

何度見ても泣ける感動ストーリーがおすすめポイント。ヒーローモノというテーマから見ても、設定・世界観がしっかり作り込まれています。また、ヒーローたちの着ているスーツ、現実にある企業の広告を入れるという発想も斬新で、独特の世界観を演出しました。男性のみならず、女性ファンからも絶大な支持を受けた話題作です。

その他補足情報

TVシリーズの後、劇場版が2本公開されています。

第2位 スクライド

スクライド 1 [DVD]

概要

2001年夏から2クール放送のTVアニメ。サンライズ製作のオリジナル作品です。

新生児のごく一部に「アルター能力」という特殊能力を持って生まれるようになった世界を舞台に、そのアルター能力を持った荒くれ者の主人公・カズマの壮絶な戦いを描いた物語。

おすすめポイント

熱い!とにかく熱い!!バトルアクション作品です。少年漫画的な王道バトル展開に加え、魅力的な登場人物たちの熱すぎる名言の数々。特に印象的なのが、カズマに対峙する組織"ホーリー"のメンバーであるストレイト・クーガーというキャラクター。異常なまでに「速さ」にこだわった彼の生き様は、観ていて非常に清々しさを感じます。『スクライド』は、日ごろ「速さ」が足りていない方におすすめです。なんのこっちゃ?と思う方は、ぜひ『スクライド』を観てみてください。

その他補足情報

ちなみに、ストレイト・クーガーを演じた声優・津久井教生(つくいきょうせい)さんは、『ニャンちゅうワールド放送局』シリーズのニャンちゅうを演じていることでも有名な方です。

第3位 バッカーノ!

バッカーノ! Blu-ray Disc BOX

概要

2007年夏クール放送のTVアニメ。電撃文庫にて刊行中のライトノベルを原作とする作品です。

現代から300年前の洋上で起きた事件を契機に、世界中へと広がった"不死の酒"と、それを巡る馬鹿騒ぎ(バッカーノ)を登場人物たちの様々な視点から描く数奇な物語。

おすすめポイント

"不死の酒"をキーワードに、複雑怪奇な出来事が次々に起こっていきます。サスペンス、アクション、コメディ、ロマンスなど複数の要素を贅沢に詰め込んだエンターテイメント群像劇。それぞれの登場人物たちが物語の因果に引かれていき、そうして紡がれていく物語は圧巻です。ぜひ多くの方に観てほしい作品。

その他補足情報

TVシリーズ全13話に加えて、番外編上・中・下の3話があります。

第4位 血界戦線

血界戦線 2016年 カレンダー 壁掛け A2

概要

2015年春クール放送のTVアニメ。ジャンプスクエアにて連載中のコミックスを原作とする作品です。

かつてニューヨークとして栄えた街は、異界と人界が共存する地球上でもっとも危険な土地"ヘルサレムズ・ロット"と呼ばれ、そこで人知れず世界の均衡を保とうと活躍する「秘密結社ライブラ」の一員となった少年・レオナルド・ウォッチの戦いと成長の物語。

おすすめポイント

SFアクションアニメである本作の大きな特徴として、技名を叫んでから攻撃する少年漫画らしい演出挙げられます。スピード感がありつつも、視聴者を置いてけぼりすることのない安心感がおすすめのポイントです。また、ギャグをふんだんに盛り込んだ作品として見所も多く、全12話の中には、第6話の「Don't forget to Don't forget me」のような感動エピソードも含まれています。

ちなみに、アニメ版では原作にはいないオリジナルキャラクターも登場し、原作と比べながら楽しむのもおすすめです。私もアニメがきっかけで原作を買い揃えました。

その他補足情報

放送当時、最終話の12話が30分の放送枠にどうしても収まりきらず放送が延期され、本編を46分に拡大してその後10月に放送されたことでも話題になりました。

第5位 進撃の巨人

進撃の巨人 もふもふビッグタオル キービジュアル2

概要

1期が2013年春から2クール、2期が2017年春クール放送のTVアニメシリーズ。別冊少年マガジンにて連載中のコミックスを原作とする作品です。累計5000万部を超える大ヒット作。

人類を捕食する正体不明の敵"巨人"を駆逐するため、危険な壁外に出て巨人への対抗策を探す調査兵団に入隊した少年・エレンとその仲間たちの死闘を描いています。

おすすめポイント

絶望的過ぎる世界観と、見応え抜群のアクションシーンが見所です。ただ、人が巨人に喰われるシーンなどはちょっとグロテスクなので、多少のグロ耐性がないと厳しいかもしれません。とはいえ、社会現象にもなった大ヒット作。原作コミックスよりもさらに臨場感を増したTVアニメ版で、ぜひ楽しんでもらいたいですね。

その他補足情報

TVアニメ第3期の放送も、2018年に行われることが決定しました。具体的な放送クールなど、続報に期待しましょう。

第6位 ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン [レンタル落ち] 全9巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

概要

1期が2012年夏から2クール、2期が2014年夏から2クール放送のTVアニメシリーズ。電撃文庫にて刊行中のライトノベルを原作とする作品です。

世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)に閉じ込められ、ゲーム内でHPがゼロになると現実でも死んでしまうというデスゲームに巻き込まれた、達人ゲーマー・キリトの活躍を描いています。

おすすめポイント

ゲーム内の世界に居ながら、死への恐怖と向き合わなければならないという緊張感が後を引きます。もちろん見所はバトルシーン。手に汗握る展開に注目です。また、次々と登場する魅力的なヒロインたちもお楽しみに。

その他補足情報

TVシリーズは第2期まで放送済み。加えて、その続編に当たる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が2017年劇場公開予定です。

第7位 甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

概要・あらすじ

TVアニメ版『進撃の巨人』を手掛けたWIT STUDIOのオリジナルアニメ作品です。

世界が近世から近代に移っていく頃の日ノ本(ひのもと)の国を舞台に、世界中に突如として現われた不死の怪物"カバネ"と闘う少年少女たちの戦いを描きます。

おすすめポイント

和風スチームパンクの世界観で繰り広げられるホラーファンタジー。"カバネ"に為す術なく追いやられていくシリアスな設定の中で、カバネの力を取り込んだ"カバネリ"として獅子奮迅の活躍をしていく主人公・生駒(いこま)と無名(むめい)の2人に注目です。

関連記事

『甲鉄城のカバネリ』と『進撃の巨人』はどこが似てる?比較してみえた両作の違い

第8位 GOD EATER

300ピース ジグソーパズル GOD EATER 神を喰らうモノ達(26x38cm)

概要・あらすじ

『GOD EATER』は、バンダイナムコゲームスから発売されたハンティングアクションゲームを原作とする作品です。ちなみに放送当時、なんと初回が特番になってしまうという大失態をやらかした話題作。さらに、1クール全体を通してその3回も特番を入れています。ただ、並々ならぬ情熱と一切妥協のないクオリティで制作された作品だけに、観ておいて損はないおすすめアニメです。

突如として地球に現れた"アラガミ"と呼ばれる凶暴な生命体に対し、唯一の対抗手段である生体兵器"神機"を扱うことができる特殊部隊"ゴットイーター"たちの死闘を描いています。

おすすめポイント

バトルアクションアニメとしてのクオリティの高さはもちろんですが、アニメとゲームの中間に位置するようなマットな質感の作画が特徴的な作品です。キャラクターひとりひとりのリアルな表情にも注目。そして、ある種『進撃の巨人』などの作品にも近い、人類の絶望的な状況を描いている点も見所です。危機的状況の中で、人類はどんな選択をするのか? 「人類vs未知の生物」という壮大な世界観をぜひ楽しんでみてください。

第9位 ノラガミ

ノラガミ ARAGOTO 1 *初回生産限定版BD [Blu-ray]

概要・あらすじ

月刊少年マガジンにて連載されたコミックスを原作とする作品。

自分が祀られる社(やしろ)を持たない"ノラガミ"として、人々の小さなお願いを引き受けていた無名の神・夜ト(やと)が、普通の人間には見えないはずの自分を認識してしまった少女・壱岐ひより(いき ひより)との出会いをきっかけに、夜トの知られざる過去を明らかにしていく物語。

おすすめポイント

一番のおすすめポイントは、バトルシーンのカッコ良さ。やっぱり刀を使ったド派手な戦闘シーンはカッコイイですよね。また、世界観を形作る設定も上手い作品です。死んでしまった人間を、"神器"として従える神たち。神同士での小競り合いも多く、ひよりも否応なくこれに巻き込まれていきます。ガサツでヘタレで気分屋なダメ神の夜トも、逆説的ではありますが人間味に溢れていて、だからこそ彼の過去に何があったのか興味を引かれます。

その他補足情報

TVシリーズは第2期まで放送済み。第1期12話+OAD2話、第2期13話+OAD2話、計29話です。原作コミックスは、最新の第16巻まで発売されています。

まとめ

以上、バトル・アクション系アニメのおすすめ作品を厳選してご紹介しました。

その他のジャンルの作品については下記の記事にまとめているので、ぜひこちらもご覧ください!

www.okamoto-yu.net