リモートワークの向き不向きについて。かく言う僕も苦手です

f:id:nishimori_yu:20180426120517j:plain

政府が声高に叫んでいる「働き方改革」。ワークライフバランスを整えるために様々な施策が行われていますが、中でも「リモートワーク」という言葉についてはここ最近特に耳にすることが多くなってきました。

今回はこのリモートワークの向き不向きについて、僕なりの意見をまとめてみようと思います。

日本では今後もリモートワークが増えていく

基本的に「リモートワーク」は、子育て中の主婦の方や何らかの事情でフルタイム出社できない人にとってはありがたい制度です。働く場所にとらわれない「リモートワーク」を推進していく流れは今後も加速していくでしょう。

ただ、リモートワークってそんなに素晴らしいものなのでしょうか?

リモートワークが向かない仕事・職種

そもそも、リモートワークが向かない仕事内容や職種というのも多数存在するでしょう。接客業などはその良い例。さらに、チームワークを求められるような仕事にもリモートワークは向きません。結局コミュニケーション工数が余計にかかるし、認識の齟齬やズレも生じやすくなるからです。

さて、そのことを踏まえると、リモートワークができる仕事というのは、基本的な作業が自分一人で完結するものだと言えます。ただ、自分一人で完結してしまう仕事にやりがいを感じられるかどうかはまた別の問題ですよね。

僕がリモートワークを苦手に思う理由

僕の場合はまさに「自分一人で完結させられてしまう仕事」というのに全く魅力を感じられないタイプの人間です。せっかくやる仕事なら、色んな人の力を借りて初めて生み出せる成果を出したい。だからこそ、僕はリモートワークにはあまり向いていないのでしょう。

まとめ

リモートワークが増えていくということは、仕事が整理され、細分化され、簡略化されていくということなのかもしれません。そう考えると、リモートワークが多すぎるのも考え物ではないでしょうか?

実際に僕も自宅でリモートワークをした経験がありますが、それを踏まえて言うと、リモートワークは孤独との戦いだと感じました。でも、そもそも仕事上で孤独と戦う必要などあるのでしょうか?