スタジオジブリが投げかけ続けてきた全人類への問い―その答えは日本発の"SATOUMI"にあった!?

「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ。そしてその作品群の中で、一際声高に掲げられていたテーマの一つが「環境問題」です。
 そしてその問いに対する明確な答えの一つを提示しているのが、『里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く』(井上恭介 NHK「里海」取材班/角川新書)という一冊。今回はこれまで幾度となくスタジオジブリが描いてきた環境問題に触れつつ、本書の提示する「SATOUMI」の考え方についてご紹介します。
井上 恭介,NHK「里海」取材班 KADOKAWA/角川書店 2015-07-09
 

0コメント

  • 1000 / 1000