渋くてカッコ良い!大人のためのSFハードボイルド『カウボーイビバップ』

今回ご紹介するのは、1998年から放映された珠玉の名作アニメ『カウボーイビバップ』という作品だ。 放送から15年以上経った今も、その人気は衰えを知らない。
物語の舞台は、2071年の太陽系。おんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗って賞金稼ぎを営むスパイクとその仲間たちを描いた、SFハードボイルドである。シナリオ・作画・音楽と全てにおいてクオリティが高いので、今まで全くアニメを観てこなかったという方でも確実に楽しんでもらえること間違いなし。今回はそんな『カウボーイビバップ』の溢れる魅力を、少しだけ皆さんにご紹介する。

ネット上での評価・評判は?

ビバップを称賛する声を集め始めると、本当にキリがない。とても1998年に放送されたアニメとは思えないほどのハイクオリティ。この作品を観ずに、日本のアニメ史を語ることはできないだろう。もし「我こそはアニメ好きだ」という方で『カウボーイビバップ』を観たことがない方がいたとすれば、完全に人生を損しているだろう。

台詞がカッコ良すぎる!!

この作品の大きな魅力の一つは、ハードボイルドタッチな雰囲気にピッタリの粋な台詞。いちいち会話がかっこいいので、メモしながら観たくなる(笑)
流石にちょっと大げさだと思われるかもしれないが、本当にそんな風に感じてしまうほどの作品である。そういった意味では、まさに『カウボーイビバップ』は「大人が憧れる大人たちの物語」なのだ。
ビバップの台詞は記憶に残る言い回しが多い。今でもいくつかのシーン丸々覚えている。— 猫らぶ (@cait_sith_love) 2015, 3月 30

雰囲気が渋くてカッコ良い!!

台詞がかっこいいのももちろんだが、『カウボーイビバップ』の作品全体が醸し出す雰囲気が非常にクール。全26話のうち、激しい戦いを描いた回もあれば、腹を抱えて笑えるコメディ回、不可思議な出来事に遭遇するサスペンス回など、上品なエンタテインメントが各所に散りばめられている。
ビバップの雰囲気好きだなぁ— はちびっと (@hachibit) 2013, 10月 13
ビバップの雰囲気好きやわ あんな感じで生きていけたらすごく楽しそう— カロトー (@Ktu1118) 2014, 1月 7
ビバップは雰囲気好きよ— はるまれんこん (@halma_gdn3703) 2014, 7月 22
ビバップ超好き、最高にかっこいい(雰囲気)アニメ— 白井 (@JtaO2) 2014, 10月 4
ちなみに、スパイクを筆頭に渋い男性キャラクターが数多く登場し、そのほとんどがタバコを吸っている。タバコを片手に哀愁を漂わせながらたたずむ様子は、誰もが憧れを抱く「男くさいカッコよさ」そのものだ。喫煙中の方は絶対にタバコが吸いたくなるので注意しよう。
ビバップ見てるとタバコがカッコ良くて憧れる 吸いたくは無いけど— 元ブラウン (@buraunnnohaka) 2014, 5月 4
ビバップ見てるとタバコ吸いたくなるな。吸ったことないんだけど。実際には吸わないんだけど。— ペトス (@sunoco600) 2014, 7月 28
ビバップ見るとタバコ吸いたくなるから困る— なぎた (@_nagita) 2015, 1月 19
ビバップ観てるとタバコってほんとかっこいいなって思う— soumu△原稿やる (@ga_som) 2015, 5月 12

OPがカッコ良すぎる!!

録画したビバップは毎回OPでドキドキしている— uki (@p_a_r_a_d_e__) 2015, 5月 19
私は、第1話のOPを観た時点で心を持っていかれた。「なんだこのOPは!?ホントにこれアニメなのか!?」と。皆さんも是非体感してみてほしい。(ちょっとルパンに似てる?)

0コメント

  • 1000 / 1000