嫌いなものがあるっていうのは、好きなものがあるのと同じくらい大切なことじゃないー戦場ヶ原ひたぎ

我らがガハラさんが、何でも受け入れてしまう羽川翼に投げ掛けた台詞です。
日本人は何かを嫌いだということを社会全体のタブーにしているようなところがありますが、そんな日本人にこそ大切にしてもらいたい考え方です。
嫌いなものがあるっていうのは、好きなものがあるのと同じくらい大切なことじゃない
ー戦場ヶ原 ひたぎ『<物語>シリーズ セカンドシーズン』第2話

嫌いという感情も大切

「なんでもどれも好きってことは、どれも同じみたいなものだ」という言葉にはハッとさせれます。
日本人は事無かれ主義の国で、好き嫌いに関しても「嫌いなものがない」ということを必要以上に求めてきます。でも、嫌いなものがない世界なんて、好きなものもどんどん色褪せていってしまう。そんな気がしますね。
「好き」という気持ちと同じくらい、「嫌い」という感情も大切にする。そうすることで、初めて「好き」なものを本当の意味で大切にできるのではないでしょうか。
原作はこちらからどうぞ

0コメント

  • 1000 / 1000